トーキング・ヘッズの人気ナンバー演奏シーンも 『アメリカン・ユートピア』本編映像

 デヴィッド・バーンとスパイク・リー監督がタッグを組んだ5月7日公開の映画『アメリカン・ユートピア』の本編映像が公開された。

 映画の原案となったのは、2018年にバーンが発表したアルバム『アメリカン・ユートピア』。同アルバムのワールドツアー後、2019年の秋からブロードウェイのショーとして再構成された舞台がその斬新な内容で話題になり、映像化の可能性を考えたバーンは、リー監督に声をかけ、映画化がスタートした。

 バーンのライブ映画は、トーキング・ヘッズ時代の1984年にジョナサン・デミ監督によって『ストップ・メイキング・センス』が作られているが、今回、バーンとリーのコラボレーションにより、ドキュメンタリーや記録映画でもない、新たなスタイルのライブ映画が完成した。本国アメリカではHBOでの配信のみとなったが、日本では映画館での上映が実現。字幕監修は、ブロードキャスターのピーター・バラカンが務める。

5/7(金)公開『アメリカン・ユートピア』本編映像解禁!!『ONCE IN A LIFETIME』演奏シーン

 公開されたのは、トーキング・ヘッズの人気ナンバーでもある「Once In A Lifetime」の演奏シーン。映像は、マリオネットのように踊るバーンのパフォーマンスからスタートし、イントロが流れると湧き上がる観客。スポットライトを浴びながら語りかけるようなバーンの姿を映し出すカメラ。そしてサビにはいると11人のミュージシャンたちが合流し、1列に並んで迫力のパフォーマンスと美しいハーモニーを披露する。

 「Once In A Lifetime」は、NMEが選ぶ「史上最高の曲500」で30位に選ばれている楽曲。この曲は、1980年に発表されたブライアン・イーノがプロデュースしたトーキング・ヘッズの4thアルバム『リメイン・イン・ライト』に収録。このアルバムはローリング・ストーン誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」(2020年)で39位に選出されている。

■公開情報
『アメリカン・ユートピア』
5月7日(金)、TOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイントほか全国ロードショー
監督:スパイク・リー
製作:デヴィッド・バーン、スパイク・リー
出演ミュージシャン:デヴィッド・バーン、ジャクリーン・アセヴェド、グスタヴォ・ディ・ダルヴァ、ダニエル・フリードマン、クリス・ジャルモ、ティム・ケイパー、テンダイ・クンバ、カール・マンスフィールド、マウロ・レフォスコ、ステファン・サンフアン、アンジー・スワン、ボビー・ウーテン・3世
配給:パルコ
2020年/アメリカ/英語/カラー/ビスタ/5.1ch/107分/原題:David Byrne’s American Utopia/字幕監修:ピーター・バラカン
(c)2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:americanutopia-jpn.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる