デヴィッド・バーンとスパイク・リーのコラボが実現 『アメリカン・ユートピア』日本公開決定

デヴィッド・バーンとスパイク・リーのコラボが実現 『アメリカン・ユートピア』日本公開決定

 デヴィッド・バーンとスパイク・リー監督がタッグを組んだ映画『David Byrne’s American Utopia(原題)』が、『アメリカン・ユートピア』の邦題で5月7日よりTOHOシネマズシャンテ、シネクイントほかで全国公開されることが決定した。

 映画の原案となったのは、2018年にバーンが発表したアルバム『アメリカン・ユートピア』。同アルバムのワールドツアー後、2019年の秋からブロードウェイのショーとして再構成された舞台がその斬新な内容で話題になり、映像化の可能性を考えたバーンは、リー監督に声をかけ、映画化がスタートした。

 バーンのライブ映画は、トーキング・ヘッズ時代の1984年にジョナサン・デミ監督によって『ストップ・メイキング・センス』が作られているが、今回、バーンとリーのコラボレーションにより、ドキュメンタリーや記録映画でもない、新たなスタイルのライブ映画が完成した。本国アメリカではHBOでの配信のみとなったが、日本では映画館での上映が実現。字幕監修は、ブロードキャスターのピーター・バラカンが務める。

 冒頭、プラスティックの脳を持ったバーンが登場し、「人間の脳は成長と共に衰えていく」と人間の脳の進化について語り始める。今回のショーを通じて、バーンはコミュニケーションの大切さ、選挙の重要性、人種問題……現代のさまざまな問題について問いかけ、混迷の時代を生きる現代人の意識をゆさぶる物語が語られていく。バーンは意識的に何もない空間を選び、マイクやドラムセットもなくし、新たな仲間である11人のミュージシャンやダンサーと舞台の上を縦横無尽に動きまわる。パントマイムや前衛パフォーマンスの要素も取り入れた斬新な振り付けを担当したのは、過去にもバーンの舞台も手がけたアニー・B・パーソン。プロダクション・コンサルタントもバーン一家のアレックス・ティムバースが担当した。

 舞台に立つ11人はさまざまな国籍を持っており、クライマックスではブラック・ライヴズ・マターを訴えるプロテスト・ソングであるジャネール・モネイの「Hell You Talmbout」を熱唱する。アルバム『アメリカン・ユートピア』からは5曲、トーキング・ヘッズ時代の代表曲から9曲が選ばれ、計21曲が演奏される。撮影監督は『サマー・オブ・サム』でもリーと組んでいたエレン・クラスが担当した。

『アメリカン・ユートピア』予告編

 あわせてポスタービジュアル、予告編、場面写真も公開。ポスターでは、バーンを筆頭に11人のミュージシャンたち全員が登場。また予告編では、ステージングの一部が公開されており、ミュージシャンたちが揃いのグレーのスーツと裸足というスタイルでショーを展開する様子が映し出されている。トーキング・ヘッズの楽曲「Burning Down the House」や「Everybody’s Coming To My House」が取り入れられている。

Slider

■公開情報
『アメリカン・ユートピア』
5月7日(金)、TOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイントほか全国ロードショー
監督:スパイク・リー
製作:デヴィッド・バーン、スパイク・リー
出演ミュージシャン:デヴィッド・バーン、ジャクリーン・アセヴェド、グスタヴォ・ディ・ダルヴァ、ダニエル・フリードマン、クリス・ジャルモ、ティム・ケイパー、テンダイ・クンバ、カール・マンスフィールド、マウロ・レフォスコ、ステファン・サンフアン、アンジー・スワン、ボビー・ウーテン・3世
配給:パルコ
2020年/アメリカ/英語/カラー/ビスタ/5.1ch/107分/原題:David Byrne’s American Utopia/字幕監修:ピーター・バラカン
(c)2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:americanutopia-jpn.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる