速水もこみち×若月佑美『結婚できないにはワケがある。』ビジュアル公開 古川毅ら新キャストも

 ABCテレビにて4月18日より、テレビ神奈川にて4月20日より放送がスタートする速水もこみち主演ドラマ『結婚できないにはワケがある。』の追加キャストが発表され、あわせてメインビジュアルが公開された。

 本作は、2018年に連載がスタートし、コミックシーモアなど各主要電子書店で2300万ダウンロードを突破(2021年3月現在)している、邑咲奇の同名電子コミックをドラマ化する、“理想の男性と結婚したい女”と“ぬいぐるみの人形を愛する完璧な男”のラブストーリー。30歳までに理想の男性との結婚を夢見る29歳の後藤まりこ。課長の富澤光央はまりこの理想通りの完璧な男だった。イケメンで高身長、高学歴、出世街道まっしぐらの富澤課長だったが、人には言えない秘密があった。彼は「みちゅこ」という名の人形に愛情を抱いていた。富澤課長をめぐる、みちゅことまりこの不思議な三角関係が始まる。

 2020年にドラマ『この男は人生最大の過ちです』(ABCテレビ)で奴隷願望のあるドM社長を演じた速水が、顔よし、頭脳よし、出世間違いなしだが、人形を愛しすぎてしまう人形愛好者である若きエリート課長・富澤光央を演じる。そして、元乃木坂46の若月佑美が、理想の男性と、30歳までの結婚を夢みる会社員、後藤まりこ役を務める。

 今回新たに出演が発表されたのは、古川毅(SUPER★DRAGON)、井頭愛海、山口真帆、吉田志織、秋山ゆずき、鳴海寿莉亜(夢みるアドレセンス)、ダンディ坂野、高田聖子の8名。

 光央の後輩である井上健太役を古川、光央と同じく“ハードな趣味”を持つ谷村鉄子役を井頭が演じる。また、まりこの仲良し同期3人組として、よしえ役に山口、静香役に吉田、サツキ役に秋山が決定。そして、健太の婚約者・一ノ瀬小春役を鳴海、係長役をダンディ坂野、鉄子の母役を高田がそれぞれ演じる。

 公開されたメインビジュアルでは、速水演じる富澤光央、若月演じる後藤まりこ、そして人形のみちゅこが印象的に配置されている。

古川毅(SUPER★DRAGON)(井上健太役)コメント

ドラマ『結婚できないにはワケがある。』への出演が決まったときの率直な感想

とても嬉しく思ったのと同時に、今まで僕が演じさせて頂いてきた役の中でも、ポジティブなキャラクターだったので、新しい自分の引き出しを作れるチャンスだと一層気合が入りました。

今回演じる「井上健太」の魅力や役どころ

軽く見えがちですが、とても気が遣えて期待の若手社員です。
監督も仰っていたのですが、なによりも人の懐にスッと入り込める愛嬌が魅力的だと感じます!

視聴者へのメッセージや意気込み

僕が演じる健太は、富澤課長と後藤さんの恋にどのように関わり、どのように掻き回していくのか。
是非、楽しんでください。

井頭愛海(谷村鉄子役)コメント

ドラマ『結婚できないにはワケがある。』への出演が決まったときの率直な感想

今までにないラブストーリーで、原作を読んだ時は声が出てしまうくらい面白かったです。登場人物がみんな魅力的で、この世界観に飛び込める事がとても嬉しかったです!

今回演じる「谷村鉄子」の魅力や役どころ

関西弁でよく喋る、明るく素直で頑張り屋な女の子です。てちゅお という人形をいつも持ち歩いています。人思いでブレない芯の強さを持っている所が素敵なとこだなと思いました!

視聴者へのメッセージや意気込み

みなさんに楽しんで頂けるドラマになるよう、鉄子を精一杯務めたいと思います!
鉄子が、どんな風に光央やまりこに関わっていくのかも注目して頂きたいです!
是非!放送を楽しみにしていて下さい!

山口真帆(高田よしえ役)コメント

ドラマ『結婚できないにはワケがある。』への出演が決まったときの率直な感想

原作がとても面白くてどんどん読み進めてしまう作品だったので、お話を頂けて嬉しいです。初のレギュラー出演で緊張もありますが、精一杯頑張ります。

今回演じる「高田よしえ」の魅力や役どころ

よしえは結婚していて、結婚したいまりこを応援する同僚の1人です。
みんなで昼食をとるシーンでも、まりこは結婚していなくてなぜよしえは結婚できたの?と、思われるようなご飯の内容だったりします(笑)
サバサバしているけど情に厚いので、友人に1人いると心強い存在ですね。

視聴者へのメッセージや意気込み

結婚できないにはワケがある。の「ワケ」が想像を超えるものだと思います。
でもどこか応援したくなり、これからどうなるの?!と、続きが気になる作品です。是非ご覧ください。

吉田志織(川越静香役)コメント

ドラマ『結婚できないにはワケがある。』への出演が決まったときの率直な感想

嬉しかったです。
台本を読ませていただいて、一見クセの強いストーリーに見えますが、登場人物の感情に共感できる部分が多かったのではやくお芝居をしたいなと思っていました。

今回演じる「静香」の魅力や役どころ

静香はしっかりもので言い方が強くなるときもありますが、
まりこが悩んでいる時はまりこの気持ちを第一に考えて、背中を押して支える、
とても友達思いの優しい女性だと思います。

視聴者へのメッセージや意気込み

監督、スタッフの皆様、そして共演者の皆様が日々支えてくださり、
作品を通して沢山の事を学ばせて頂いているので、最後まで全力で頑張ります。
原作を知っている方にも、はじめて知る方にも、楽しんで頂けると嬉しいです!

秋山ゆずき(春本サツキ役)コメント

ドラマ『結婚できないにはワケがある。』への出演が決まったときの率直な感想

出演が決まってから原作を読ませて頂いたのですが、読み始めてすぐに私の大好きな世界観だ!と思い、みちゅこの世界に携われる事をとっても嬉しく思いました。
私自身、人形に話しかけることに抵抗の無い人間なのですが、今から光央さんとみちゅこ、まりこがどんな風にドラマの中で交わっていくのか一視聴者としても楽しみです。

今回演じる「サツキ」の魅力や役どころ

今回私は光央さんとまりこの働く会社のまりこの同僚、春本サツキ役として出演させていただきます。
30歳までに結婚したいまりこに対し早いうちに結婚して子供もいる役柄なので、まりこの恋愛を優しく厳しく母親のようにサポートできたらと思っています。

視聴者へのメッセージや意気込み

「結婚できないにはワケがある。」原作もとっても面白く、きっと楽しんでいただける作品だと思います。理想の相手の秘密をどんな風に受け取って進んでいくのか、コミカルながらも優しさ、愛情、友情、家族愛、人形愛など詰まっていると思うので、楽しんで頂けるように作品の一部として頑張ります!

鳴海寿莉亜(夢みるアドレセンス)(一ノ瀬小春役)コメント

ドラマ『結婚できないにはワケがある。』への出演が決まったときの率直な感想

「え?!」と半信半疑でした。
同時に不安も浮かびましたが、そういうことを考えられないほど興奮しました。
とにかくすごく嬉しかったです!

今回演じる「一ノ瀬小春」の魅力や役どころ

私は古川毅さん演じる健太と遠距離恋愛をしている恋人・小春を演じさせていただくのですが、一生懸命で素直なところがとても魅力的だなぁと思います。
小春みたいな生き方に憧れます。

視聴者へのメッセージや意気込み

非日常的でもリアルにありそうな、子供の頃に夢みた世界と大人になってからの現実世界が交互しているような感覚を味わえると思います。

私もドラマの世界観を皆さんにお届けできるよう頑張ります!

ダンディ坂野(係長役)コメント

ドラマ『結婚できないにはワケがある。』への出演が決まったときの率直な感想

ドラマはすごく好きなのでお話しをいただいた時はとても嬉しかったです。

今回演じる「係長」の魅力や役どころ

少し気の小さい楽しげな係長です。

視聴者へのメッセージや意気込み

どこかでゲッツ出るかも。
頑張ってますのでよろしくお願いします。
ゲッツ!

高田聖子(鉄子の母役)コメント

ドラマ『結婚できないにはワケがある。』への出演が決まったときの率直な感想

漫画原作のドラマが初めてなので、自分の役が、お!こんな感じなんだ~と、ちょっと笑いました。深夜帯のドラマが好きなので嬉しいです!

今回演じる「鉄子の母」の魅力や役どころ

女性の幸せを独自に追求しすぎて生き急いじゃったんでしょうね。幸せには色々あるって事に気づいて、今後は生きやすくなれるといいなと思います。

視聴者へのメッセージや意気込み

全てのキャラクターが生きづらそうですが、それにも増して楽しそうです。こんな形の前向きな生き方もあるのだなぁと勇気も出ます。多分!

■放送情報
『結婚できないにはワケがある。』
ABCテレビ(関西)にて、4月18日(日)スタート 毎週日曜23:55~放送
※初回放送は深夜0:25~
テレビ神奈川にて、4月20日(火)スタート 毎週火曜23:00~放送
※ほか地域でも放送予定
ABCテレビでの放送後、TELASAにて独占配信
(TVer/GYAO!での見逃し配信を除く)
出演:速水もこみち、若月佑美、古川毅(SUPER★DRAGON)、井頭愛海、山口真帆、吉田志織、秋山ゆずき、鳴海寿莉亜(夢みるアドレセンス)、ダンディ坂野、高田聖子ほか
原作:邑咲奇『結婚できないにはワケがある。』(ソルマーレ編集部『恋するソワレ』連載中)
脚本:モラル、桑島憲司
チーフプロデューサー:山崎宏太(ABCテレビ)
プロデューサー:矢内達也(ABCテレビ)、清家優輝(ファインエンターテイメント)、的場政行(ファインエンターテイメント)
監督:本田隆一、桑島憲司、的場政行、片山雄一
制作協力:ファインエンターテイメント
制作著作:ABC
(c)邑咲奇/ソルマーレ編集部
公式サイト:https://www.asahi.co.jp/konwake/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる