高岡早紀が壁を這う!? 『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』オンラインビジュアル公開

 6月18日公開の映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』のオンラインビジュアルが公開された。

  本作は、2019年10月に東海テレビ・フジテレビ系全国ネットにて放送された連続ドラマ『リカ』、そして現在放送中でエピソード0にあたる『リカ〜リバース〜』に続く映画。原作は、第2回ホラーサスペンス大賞を受賞し、累計65万部を突破した五十嵐貴久のサイコスリラー小説『リカ』シリーズ。原作の『リターン』をベースに、2019年のドラマの最終回、捕まったはずの警察を抜け出して、愛する人の元へと向かったリカのその後を描く。幼い頃から愛に恵まれなかったリカは、夫像、結婚像、家庭像に少女のような憧れと純粋さを持つ、自称28歳の女性。運命の男性に出逢ったとき、彼女のピュアな愛情は炸裂し、愛する人を手に入れるためなら手段を選ばない最恐の“純愛モンスター”と化していく。

  ドラマに続き主人公・雨宮リカ役で高岡早紀が主演を務めるほか、リカをおびき寄せるため、マッチングアプリを通じてコンタクトをとり、その怪しげな魅力に次第に惹かれていく警察官・奥山次郎を市原隼人が演じる。さらに、奥山の婚約者で同じくリカを追う警察官・青木孝子役を内田理央、青木の先輩で公私にわたり面倒を見る梅本尚美役を佐々木希が務める。そのほか、尾美としのり、マギー、水橋研二、岡田龍太郎、山本直寛が脇を固める。

 公開されたオンラインビジュアルでは、高岡演じる雨宮リカが空高く飛び上がり、壁を這うシーンが切り取られている。

 オンラインビジュアルで使用されているシーンの脚本を読んだ高岡は「何? これは何?」と度肝を抜かれたことを告白。ワイヤーアクションは過去にも経験があったものの、技術進化に伴い、より細いワイヤーで吊るされることが可能になったそうで、本人の身体への負荷が軽減されたという。「最初は怖いと思ってましたが、撮影の日のお天気も良かったので楽しかったですね! ワクワクしました!」と撮影を振り返り、「今回のリカはスパイダーマンのようになっちゃいます。みんな笑いながら突っ込んでください!」と観客へアピールした。

■公開情報
『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』
6月18日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:高岡早紀、市原隼人、内田理央、尾美としのり、マギー、佐々木希
監督:松木創
原作:五十嵐貴久『リカ』『リターン』(幻冬舎文庫)
脚本:三浦希紗
音楽:戸田有里子
主題歌:FAKY「99」(rhythm zone)
挿入歌:Lil’Fang(from FAKY)「人形の家」(rhythm zone)
制作プロダクション:共同テレビジョン
配給:ハピネットファントム・スタジオ
2021年/カラー/ビスタ/5.1ch/99分
(c)2021映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』製作委員会
公式サイト:http://www.rika-28.com/
公式Twitter:@rika_28
公式Instagram:@rika_28

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる