白石隼也×松大航也×奥平大兼、鈴木亮平主演『レンアイ漫画家』に“過去の重要な役”で出演

白石隼也×松大航也×奥平大兼、鈴木亮平主演『レンアイ漫画家』に“過去の重要な役”で出演

 鈴木亮平主演の4月期フジテレビ木曜劇場『レンアイ漫画家』に、白石隼也、松大航也、奥平大兼が出演することが発表された。

 『モーニング』(講談社)で2010年から2012年の間連載されていた山崎紗也夏による同名漫画を原作とした本作は、漫画一筋で恋愛下手なレンアイ漫画家と“ダメ男ホイホイ”と呼ばれる崖っぷちアラサー女子、そんな恋に不器用な2人が繰り広げるハートフルラブコメディー。『花咲舞が黙ってない』シリーズ(日本テレビ系)や『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)などの松田裕子が脚本を手がけ、『リーガルハイ』シリーズ(フジテレビ系)や映画『ミックス。』の石川淳一が演出を担当する。

 鈴木演じる主人公・刈部清一郎は、人付き合いが苦手の変わり者で、アシスタントもつけず一人きりで、少女漫画の金字塔と呼ばれる大ヒット漫画の連載を続けている天才漫画家。顔出しは一切せず、女性名のペンネーム“刈部まりあ”で正体を隠し、そのプライベートは謎に包まれていたが、弟の忘れ形見を引き取る羽目になり、孤高の生活が乱れていく。一方、初恋の人の葬儀で、その兄の清一郎と衝撃の出会いを果たす夢なし、彼なし、仕事なしのアラサー女子・久遠あいこを吉岡里帆が演じる。そのほか、片岡愛之助、木南晴夏、竜星涼、岩田琉聖、眞栄田郷敦、小西桜子が出演する。

 白石が演じるのは、鈴木演じる清一郎の弟・純。吉岡演じるあいこの初恋相手で、岩田演じる息子のレンを男手ひとつで育ててきたシングルファーザーだ。清一郎の一番の理解者だが、清一郎とは正反対の性格で、外交的で自然と周りを明るくする雰囲気を持つ、グループの中心にいるような存在。また、超が付くほどの女好きだが、どこか憎むことのできない愛されキャラ。本作の主演を務める鈴木とは、『彼岸島 Love is over』(MBS、2016年)で兄弟役のW主演を務めて以来、約5年ぶりの共演となり、今作でも鈴木と兄弟役を演じることとなった。

 松大は清一郎、奥平は純のそれぞれ若い頃を演じる。若い頃の清一郎も人付き合いが苦手の変わり者で、当時から天才漫画家の片りんをうかがわせる独特の雰囲気を放つ青年であった。学生時代の純もクラスの人気者で、超が付くほどの女好き。この若い頃の純の女性関係が、物語の展開を大きく揺るがすきっかけとなる。

 『レンアイ漫画家』は4月8日より放送スタート。初回は15分拡大で放送される。

コメント

白石隼也

【出演が決まったときの感想】
亮平さんとは今回と同じく兄弟役で共演していたこともあり、久しぶりにまたご一緒できることに喜びを感じました。

【台本を読んだ感想】
亮平さんが演じる独特なキャラクターの清一郎が大人気少女漫画を描いていて、漫画のネタのために吉岡さんに疑似恋愛をさせるという、この2人の絶妙な関係の描写が台本を読んでいる段階で目に浮かんで来ました!とても面白くなりそうだなと率直に感じました。

【演じる役について】
僕が演じる純と息子のレンとの関係をいかに描けるかが、ストーリーに大きく関わってくると思いましたので、レンと2人のシーンは特に集中して芝居に臨みました。2人の間に確かな絆があるようなシーンを皆さまにお届けできればいいなと思います。

【共演者の印象】
息子のレン役を演じる岩田琉聖君は、僕がやっていた『仮面ライダーウィザード』(テレビ朝日系/2012年9月~2013年9月)を見ていてくれていて、撮影の前から、その話で打ち解けることができました。とっても子供らしくて良い意味で、自然体でとても芝居がしやすかったです。この作品のレンの芝居を見るのが楽しみだなと思いました。亮平さんとご一緒した現場は芝居にすごく集中して臨まれていて、“やっぱり変わっていなくていいな”と思い、刺激をうけました。

【視聴者にメッセージ】
亮平さん演じる清一郎はとても不器用な男で、少し現実離れしたようなキャラクターのように思うのですが、その難しい役を亮平さんはとても説得力を持って演じていると思います。とてもピュアで切実な男のかわいい恋のお話です。気楽に見ていただきたいなと思います!

松大航也

【出演が決まったときの感想】
この作品に関わることができ、とてもうれしく思います。昔の清一郎を演じるため、鈴木亮平さん演じる清一郎と違和感なく見ていただけるよう、責任を持って演じたいと感じました。

【台本を読んだ印象】
清一郎があいこにミッションとして課す疑似恋愛を通して、ストーリーがめまぐるしく展開していき、とても面白かったです! また、個性的な登場人物ばかりで、映像になったらどうなるのだろうとワクワクしました。

【演じる役について】
刈部清一郎が天才漫画家になる前の過去を描く大切な役です。この役を演じるにあたって、現在の清一郎のことを知りたいと思い、何度か撮影現場で鈴木さんが演じている所を見学させていただきました。現在の清一郎は、口が悪く、恋愛感情をしまい込み、優しさを表に出せないとても不器用な男だと思います。清一郎がなぜそこまで不器用な男になってしまったのか、昔の清一郎を見ていただくことで清一郎という人間をより魅力的に感じてもらえるよう演じたいと思います。

【共演者の印象】
皆さん、すてきな方ばかりで、特に奥平大兼さんとは2人のシーンが多かったのですが、若いのに堂々とされていてすごいなと思ってしまいました! また、一緒のシーンはありませんでしたが、鈴木さんや吉岡さんともお話させていただきました。鈴木さんは気さくに話しかけて下さり、吉岡さんとは以前作品でご一緒したことがあるのですが、僕のことを覚えていてくださってとてもうれしかったです。

【視聴者にメッセージ】
個性豊かな登場人物たちの掛け合いがとても面白く、見どころだと思います。昔の清一郎や純の爽やかな青春にも注目していただけるとうれしいです。コロナ禍で、家で過ごす時間が長くなった方も多いと思いますが、この作品を見て、少しでも皆さんに元気になっていただけたらうれしいです。

奥平大兼

【出演が決まったときの感想】
今回、清一郎の弟である純の高校生時代を演じさせていただきました。
まだ自分は新人なので、ドラマに出演させてもらえるということ自体が嬉しかったです。また、純はこれまで自分が演じたことない系統の役柄だったので不安もありましたが、「期待に応えれるように頑張ろう!」という気持ちでした。

【台本を読んだ印象】
僕が想像する恋愛ドラマは主人公がキラキラしていて、クールなイメージがあったのですが清一郎が少し変わっていて、そこが新鮮で面白くて。最初は演じる目線ではなく、純粋に台本楽しんでしまいました(笑)。

【演じた役について】
純はすごくコミュニケーショ能力が高い子で、目の前の事に集中しちゃうと周りが見えなくなるタイプの子なのかな、と思っています。僕自身コミュニケーション能力があまり高くないので、私生活からできるだけいろんな人と喋る事に慣れようとしていました。
自分とはあまり似ていないキャラクターだったので演じていて楽しかったです。

【共演者の印象】
僕より年上の方が多かったのですが、みなさんかとてもフラットに話しかけてくださったので、カメラが回ってないとこではすごく落ち着いていられました!
特に共演シーンの多かった松大さんはすごく明るくて、一緒に撮影するのが楽しかったです!

【視聴者にメッセージ】
清一郎と純の過去に何があったのか、純とあいこの出会いやその後の関係など、キャラクターそれぞれの背景や関係性が面白い作品だと思うので、注目して頂きたいなと思います。ぜひ楽しみに待っていてください!

■放送情報
『レンアイ漫画家』
フジテレビ系にて、4月8日(木)スタート毎週木曜22:00~22:54放送
※初回15分拡大
出演:鈴木亮平、吉岡里帆、眞栄田郷敦、岩田琉聖、小西桜子、白石隼也、松大航也、奥平大兼、竜星涼、木南晴夏、片岡愛之助ほか
原作:山崎紗也夏『レンアイ漫画家』(講談社モーニングKC刊)
脚本:松田裕子
音楽:末廣健一郎
演出:石川淳一、小林義則、淵上正人
編成企画:佐藤未郷、江花松樹
プロデュース:小林宙
制作:フジテレビ
制作著作:共同テレビ
(c)フジテレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/renaimangaka/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる