カプコンクリエイター陣がゲーム画面で本編を再現 『モンスターハンター』特別映像公開

カプコンクリエイター陣がゲーム画面で本編を再現 『モンスターハンター』特別映像公開

 3月26日に公開される映画『モンスターハンター』より、特別映像が公開された。

 本作は、2004年に第1作が発売されて以降、16年を経た今なおファンを増やし、シリーズ累計販売本数6,500万本(2020年9月30日現在)を誇る大ヒットゲームシリーズ『モンスターハンター』をハリウッドで実写化したアクション映画。

 累計興行収入200億円超の大ヒットを記録した映画『バイオハザード』シリーズのアンダーソンが監督を務めた本作。映画『バイオハザード』シリーズに続くタッグで、ミラ・ジョヴォヴィッチが主演を務めた。さらに、『ワイルド・スピードSKY MISSION』のトニー・ジャー、『ヘルボーイ』のロン・パールマンが出演。そして、女優・山崎紘菜が本作でハリウッド映画進出を果たした。

映画『モンスターハンター』特別映像

 公開された特別映像は、本編を鑑賞したカプコンのクリエイターが、ベースとなっている『モンスターハンター:ワールド』の世界のなかで劇中シーンを再現したもの。

 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』のゲーム楽曲に乗せて、砂漠の底からディアブロス亜種が襲いかかるシーン、トニー・ジャー演じるハンターがグレイトハンターボウを巧みに操り矢を放たんとする緊迫の瞬間、さらにジョヴォヴィッチ演じる主人公アルテミスとともに密林にテントを張り、ファンにはおなじみの“肉焼き”でつかの間の休息をとる場面などが描かれている。

 「ゲームをしながら、映画としてイメージするようになっていた。僕もファンのうちの1人だが、大好きなモンスターたちが実写化されるのを見たいわけだ。僕はこの作品の脚本兼監督である以前に、ファンだからね」と力を込めるアンダーソン監督を筆頭に、カプコンのクリエイター陣、さらにプロダクション・デザイナーのエドワード・トーマスが制作準備の初期段階から熱心なモンハンプレイヤーとグラフィックアーティスト、さらに金属加工職人をも引き入れた製作陣が徹底的に作りこみ、モンスターの目の色や爪先といった細部の調整からロケーションのセッティングまでこだわったという。

■公開情報
『モンスターハンター』
3月26日(金)全国公開
監督・脚本:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、トニー・ジャー、ティップ・“T.I.”・ハリス、ミーガン・グッド、ディエゴ・ボネータ、山崎紘菜、ロン・パールマン
原作:『モンスターハンター』(カプコン)
製作:コンスタンティン・フィルム、テンセント・ピクチャーズ、東宝
配給:東宝=東和ピクチャーズ共同配給
(c)CONSTANTIN FILM Produktion Services GmbH
公式サイト:monsterhunter-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる