『おちょやん』第61話では、千代(杉咲花)が一平(成田凌)に対して気まずい思いを抱く

『おちょやん』第61話では、千代(杉咲花)が一平(成田凌)に対して気まずい思いを抱く

 毎週月曜日から土曜日まで(土曜日は1週間の振り返り)放送されているNHKの連続テレビ小説『おちょやん』。3月1日放送の第61話では、千代(杉咲花)が一平(成田凌)に対して気まずい思いを抱く。

 千代がヨシヲと別れた第60話。第61話では、道頓堀で起こった放火騒ぎが弟のヨシヲたちの仕業だったと、千代が劇団の仲間たちに謝る。一方、一平は突然、岡安を出ていき、部屋を借りて一人で暮らし始める。お茶子たちは、一平に“いい人”ができたのではと噂する。ヨシヲと別れた夜以来、一平に対して気まずい思いを抱く千代だったが、岡安のハナ(宮田圭子)から一平へのお使いを頼まれてしまう。新居を訪れると、部屋の中から女の声がして……。

 本作は、女優の道を生き抜き、「大阪のお母さん」と呼ばれるようにまでなった、ひとりの女性の物語。主演の杉咲花のほか、成田凌、篠原涼子、名倉潤、明日海りお、松本妃代、坂口涼太郎、曽我廼家寛太郎、大川良太郎、渋谷天笑、大塚宣幸、星田英利らがキャストに名を連ねる。


■放送情報
NHK連続テレビ小説『おちょやん』
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45
※土曜は1週間を振り返り
出演:杉咲花、成田凌、篠原涼子、トータス松本、井川遥、中村鴈治郎、名倉潤、板尾創路、 星田英利、いしのようこ、宮田圭子、西川忠志、東野絢香、若葉竜也、西村和彦、映美くらら、渋谷天外、若村麻由美ほか
語り:桂吉弥
脚本:八津弘幸
制作統括:櫻井壮一、熊野律時
音楽:サキタハヂメ
演出:椰川善郎、盆子原誠ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/ochoyan/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる