JAM Project、自身初映画への想いを初の舞台挨拶で明かす 影山ヒロノブの還暦祝いも

JAM Project、自身初映画への想いを初の舞台挨拶で明かす 影山ヒロノブの還暦祝いも

 2月26日の公開に先駆け、『GET OVER -JAM Project THE MOVIE』の舞台挨拶付きプレミアム上映会が2月23日、東京・TOHOシネマズ 六本木で開催。JAM Projectメンバーの影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹が登壇した。

 本作は、世界に日本の「アニソン」を躍進させた開拓者であり、“レジェンド”と称されるスーパーユニット・JAM Projectの結成20周年を記念した初のドキュメンタリー映画。460日間という長期に渡り、レコーディング、海外LIVE、LIVEツアーリハーサルに密着するも、COVID-19の影響で予定されていたLIVEツアーは次々と中止に。そんな現在だからこそ浮かび上がる、音楽を通して世界を勇気づけてきた彼らの真実のメッセージを映し出す。

影山ヒロノブ

 まずは影山が、「ついに上映なんだなって、すごく気持ちが上がっています」と緊張気味に挨拶。「もちろん映画に出るのは初めてだし、プレミア上映会も、44年くらい業界にいて今日が初ですから」と感慨深げに語った。

 JAM Projectでの舞台挨拶は初めてということもあり、続くメンバーも皆それぞれに緊張感たっぷり。きただに、福山は、早々に噛むというハプニングからスタートし、奥井は「何しゃべってるかわかんなくなちゃった」と苦笑い。MCの「ライブとは違う?」との問いかけに、次々「全然違う!」と声を上げた。

遠藤正明

 映画の感想を聞かれた遠藤は「これまで素の自分を語ることはあまりなかった。全部歌にして表現してきたので……」と切り出し、「変な性格なので最初はみんなに迷惑かけたんですけど、そのうち監督さんに心のうちまで全部ぶちまけていて、引き出されたのかなと思っています」と本音を吐露。福山は「音がいい」と音楽シーンの迫力について述べるとともに、「僕も自分で観て感動してしまいました。自分の映画を観て泣くことがあるのか」と打ち明けた。

 奥井は「もし自分の寿命がつきたとしても、生きた証を残せた。本当に感謝しています」と、感無量の表情。劇中のインタビューにはメンバー同士でも知らなかった事実がふんだんに収められているといい、「みなさんのインタビューを観て、よりJAMが好きになった。愛着が湧いたというか」と声を弾ませた。

奥井雅美

 また影山は、本作について「大きく2つに分かれている」と紹介。「前半は、2000年からアニソン業界が一気に市民権を勝ち得ていった激動の20年間。俺たちが駆け抜けてきた20年をすごく気持ちよく見せてくれる。そこから一転して、勢いでいってた頃とは違う、1曲作るにも、何週間もワンフレーズも出ないような時期になって……。加えて、コロナ禍。明るいドキュメンタリーと、いろいろと悩んでいる部分、両方が入っていると思う」とコメント。「間違いなく俺たちの人生、JAM Projectを描いたドキュメンタリー作品だなと思いました」と力を込めた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる