『おちょやん』松本妃代が座員・石田香里を好演 マルチな才能で劇団に新風吹かす?

『おちょやん』松本妃代が座員・石田香里を好演 マルチな才能で劇団に新風吹かす?

 杉咲花が主演を務めるNHK連続テレビ小説『おちょやん』(NHK総合)で、おかっぱ頭とハイカラな衣装が特徴的な、鶴亀家庭劇の座員・石田香里を演じる松本妃代。最近は『映像研には手を出すな!』(MBS/TBS)や『女子グルメバーガー部』(テレビ東京ほか)など出演作も増え、『おちょやん』をきっかけにさらなる活躍が期待される女優の1人だ。彼女はいったいどんな女優なのか、これまでのキャリアを振り返り、『おちょやん』での役どころに注目してみたい。

 松本は、兵庫県生まれの現在25歳。2008年にエイベックス学生オーディションに合格して芸能界入りし、エイベックス・アーティストアカデミー大阪校で作られたダンス&ヴォーカルユニット「Krystal burnish dolls」にも加入していた。現在は、役者の活動が本格化。女優業の傍ら、絵画アーティストとして個展も開くなど、マルチな才能を持った女優だ。

 『おちょやん』で松本が演じる石田香里は、天海一平(成田凌)が座長として道頓堀で新たに旗揚げする「鶴亀家庭劇」の座員で、今回の旗揚げのために招集された、当時アイドル的存在の元「鶴亀歌劇団」出身の女優。新派出身のトップ女優高峰ルリ子(明日海りお)や、歌舞伎出身の小山田正憲(曾我廼家寛太郎)らと共に、これまで喜劇とは無縁の世界で生きてきた1人だ。まだ歌劇団時代のプライドを捨てきれず、アドリブの多い喜劇を見下している部分もあり、それを察して劇団を仕切る須賀廼家千之助(星田英利)があえてアドリブをぶつけ喜劇の難しさを教え、特に香里と高峰には5流と罵り、プライドをズタズタにしていく。おそらくこれは過去を捨てろという千之助なりの愛の鞭だろう。

 高峰が劇団を出た理由が分かった際に、香里は擁護するように「好きやった人から後ろ指さされるのが一番キツイ。それやったらはなから嫌われてた方が一番マシや」と感慨深げに語っていたシーンが印象的だ。おそらく香里も人間関係で歌劇団を追われた背景があるのだろう。この劇団の面白いところは、左遷されたメンバーで構成された、ある意味“ルーザー”たち。プライドが邪魔をしている彼らが、いかにして喜劇集団としてバラバラな個性を一致団結させ、人生を逆転させていくかが見どころになっていくはず。2月11日の放送では、千代が高峰や石田を庇う形で、座長の座を賭けどちらが笑いを取れるかの勝負となり、これまで喜劇を見下していた左遷組3人が千代と協力して試行錯誤し、早くもチームワークを発揮している。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる