北川景子、中村倫也、芳根京子らの姿がUruの主題歌とともに 『ファーストラヴ』特別映像

北川景子、中村倫也、芳根京子らの姿がUruの主題歌とともに 『ファーストラヴ』特別映像

 北川景子主演映画『ファーストラヴ』のためにUruが書き下ろした主題歌「ファーストラヴ」の映画特別映像がGYAO!にて公開された。

 本作は、第159回直木賞を受賞した、島本理生の同名ベストセラー小説を映画化するサスペンス。アナウンサー志望の美人女子大生が父親を刺殺するという衝撃的な事件のドキュメンタリー本の執筆を依頼された公認心理師の真壁由紀(北川景子)は、うら若き容疑者・聖山環菜(芳根京子)と面談を重ね、二転三転する供述に翻弄されながらも彼女の心理へ迫っていく。だが、やがて由紀自身の過去の記憶にも結び付く、意外な真相が浮かび上がる。

 北川が主人公・真壁由紀役で主演を務めるほか、ともに事件の真相に迫る敏腕弁護士・庵野迦葉役で中村倫也、由紀の夫であり、迦葉の兄・真壁我聞役を窪塚洋介が演じる。そのほか、木村佳乃、板尾創路、高岡早紀、石田法嗣、清原翔らがキャストに名を連ねた。監督を務めたのは、『TRICK』シリーズ(テレビ朝日系)、『SPEC』シリーズ(TBS系)、映画『十二人の死にたい子どもたち』の堤幸彦。

 GYAO!にて公開された特別映像では、本作のためにシンガー・Uruが書き下ろした主題歌「ファーストラヴ」に乗せて、北川、中村、芳根、窪塚らの姿と、今回初めて明かされた、過去と現在が交錯しながら重要シーンの数々が捉えられている。

 Uruは、主題歌「ファーストラヴ」について、「悲しいとか苦しいとか、心の内を言葉に出せずに生きている人も少なくないと思いますが、この映画を観ながら、その中で人は何を求めるのか、『愛』とはなんなのか、この物語のタイトルが『ファーストラヴ』になった理由も考えながら少しずつ言葉を紡いで書いた曲です。曲のタイトルも映画と同じく『ファーストラヴ』にさせていただきましたが、タイトルを考えるにあたりこれ以外のタイトルが見つからないほどに、私もこの映画に心を重ねました。映画『ファーストラヴ』に捧げる大切な一曲です」と明かしている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『ファーストラヴ』
2月11日(木・祝)全国ロードショー
主演:北川景子、中村倫也、芳根京子、板尾創路、石田法嗣、清原翔、高岡早紀、木村佳乃、窪塚洋介
監督:堤幸彦
脚本:浅野妙子
原作:島本理生『ファーストラヴ』(文藝春秋刊)
音楽:Antongiulio Frulio
主題歌・挿入歌:Uru「ファーストラヴ」「無機質」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
配給:KADOKAWA
制作:角川大映スタジオ/オフィスクレッシェンド
製作:『ファーストラヴ』製作委員会
(c)2021『ファーストラヴ』製作委員会
公式サイト:firstlove-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる