『おちょやん』若村麻由美、杉咲花の魅力を語る「キッと見返す顔が、実に良いです」

『おちょやん』若村麻由美、杉咲花の魅力を語る「キッと見返す顔が、実に良いです」

 毎週月曜日から土曜日まで(土曜日は1週間の振り返り)放送されているNHKの連続テレビ小説『おちょやん』。このたび第23話より登場した若村麻由美よりコメントが寄せられた。

 若村が演じたのは、「山村千鳥一座」を率いる、女座長・山村千鳥。役者の世界に飛び込んだ千代(杉咲花)にとって最初の師匠となる。わがままでクセの強い性格だが、芝居へのすさまじい情熱で、千代に演じることの基礎を叩き込んだ。

 若村は本作の出演について、「これまで出演した“朝ドラ”のうち、『半分、青い。』をのぞく『はっさい先生』『純と愛』そして今回出演する『おちょやん』の4本中3本がNHK大阪で制作されているので、まさに帰ってきた!という感じがします」とコメント。また、千代のモデル・浪花千栄子のことも好きだったようで、「浪花千栄子さんがとても好きなんです。 女親分から田舎の貧しいお母さんの役まで幅広く確かな演技力で演じられて、すばらしい役者さんだなあと常々思って憧れていたので、まさか師匠の役をやらせていただけるとは、こんなにうれしいことはありません」と喜びを語った。

 演じた千鳥については、「『純と愛』のときもそうですが、なぜかNHK大阪に戻ると、私はどなりまくってばかりで(笑)。今回はさらに物を投げることも。人と心を通わすことも苦手で不器用、よく座員がついてきていると思います(笑)。でも千鳥の芸に対する姿勢と貫く精神みたいなものを、座員が理解してくれている。じつはあまのじゃくかもしれませんね。うれしくてもうれしいと言わない。人を思いやっていても、それを表現することが恥ずかしく素直に出せずに、わざと人を寄せつけないようにも見えます。孤独な人というより孤高の人なのかもしれません」と、その人物像を分析。

 3回目となる主演の杉咲花との共演については、「今回は厳し い師匠ではありますが、千代も強くて負けてないですね。小さい頃に苦労しているから、たくましい精神力が備わっています。内弟子として入った千代が、師匠にくらいついていく。千代のほうが人間力があるのかもしれませんね。千鳥も千代の姿を見て自分のことを振り返ったりします。杉咲さんは笑顔もとてもかわいいんですけどキリッとした顔もとても良くて。叱られたり嫌なことをされたときのキッと見返す顔が、実に良いです」とその演技の魅力を語った。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『おちょやん』
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45
※土曜は1週間を振り返り
出演:杉咲花、成田凌、篠原涼子、トータス松本、井川遥、中村鴈治郎、名倉潤、板尾創路、 星田英利、いしのようこ、宮田圭子、西川忠志、東野絢香、若葉竜也、西村和彦、映美くらら、渋谷天外、若村麻由美ほか
語り:桂吉弥
脚本:八津弘幸
制作統括:櫻井壮一、熊野律時
音楽:サキタハヂメ
演出:椰川善郎、盆子原誠ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/ochoyan/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる