アレクサンドル・ヴェテール主演 『MISS ミス・フランスになりたい!』ポスター&予告編公開 

 フランス映画『MISS ミス・フランスになりたい!』の公開日が2月26日に決定し、本予告、ポスタービジュアル、場面写真が公開された。

 本作は、TVドラマを中心に多くの作品を手がけ、俳優として『イヴ・サンローラン』『あしたは最高のはじまり』にも出演したルーベン・アウヴェス監督の2作目の劇場公開長編映画。Netflixオリジナルドラマ『エミリー、パリへ行く』やAmazonプライムドラマ『マーベラス・ミセス・メイゼル』などに出演し、本作が初主演映画となるフランス人モデルのアレクサンドル・ヴェテールが主演を務める。

 主人公・アレックス(アレクサンドル・ヴェテール)が、女性の美と知性を競う場であるミスコンに男性であることを隠して参加、夢と現実の違いに悩みながらも自分の殻を破り、自分だけの生き方や価値観を見つけていく姿を描く。

 ポスターは、アレックスがハイヒールや香水、リップなど纏う人の“美しさ”を際立てさせるモチーフに囲まれたもの。実際のミスコン参加中のアレックスのショットも挿入している。

映画『MISS ミス・フランスになりたい!』予告編

 あわせて公開された予告編は、子どもたちが次々と“自分の将来の夢”を語る中、9歳のアレックスが自分の夢は“ミス・フランス”であることを明かすシーンから始まる。しかしその後、アレックスはクラスメイトから冷やかされてその夢を封印、さらに両親を事故で失い、本当の自分を取り戻せないままの大人へと成長してしまっていた。

 そんなとき偶然、幼なじみのエリアス(クエンティン・フォーレ)と再会、彼が努力の末に自分の夢を叶えたことを知り、自分自身も忘れかけていた幼い頃からの夢「ミス・フランスになる」ことに向き合うことを決意。下宿先で家族同然に暮らす個性的な面々にその気持ちを伝える。最初は面食らった彼らも、アレックスの気持ちが本物だとわかり、それぞれの得意分野を持ち寄って彼の夢の実現に協力することに。

 やがて“ミスコン”審査を一歩ずつ突破、夢が少しずつ現実に近づいていくアレックス。しかし、華やかなイメージとは裏腹にウォーキング、テーブルマナーなど、想像以上にハードなレッスンが続く日々にうんざり。思わず吐いた弱音に対し、指導者である女性からは「完璧と普通の違いが分かる? 数ミリよ」「なぜ、優勝したいの?」とその甘さをたしなめられ、ミスコン参加者の女性たちからは仲間外れにされてしまう。

 そして、自分が夢に近づくほど開いていく友人たちとの距離。徐々にその辛さに耐えきれなくなっていくアレックスだったが、下宿先で母のように慕うヨランダ(イザベル・ナンティ)から「他人に自分の価値を決めさせるな」という言葉をもらい、自分の殻を破ることで手に入れることができた仲間たちからの励ましも得て 「自分を変えるチャンスなの」と、あらゆる困難に向き合い、まっすぐ立ち向かっていく。

■公開情報
『MISS ミス・フランスになりたい!』
2月26日(金)、シネスイッチ銀座ほか全国公開
監督・原案・共同脚本:ルーベン・アウヴェス
出演:アレクサンドル・ヴェテール、イザベル・ナンティ、パスカル・アルビロ、ステフィ・セルマ
撮影監督:ルノー・シャッサン
プロデューサー:レティシア・ガリツィン、ユーゴ・ジェラン
音楽:ランバート
配給:彩プロ
2020/フランス/フランス語/スコープサイズ/107分
(c)2020 ZAZI FILMS ‒ CHAPKA FILMS ‒ FRANCE 2 CINEMA ‒ MARVELOUS PRODUCTIONS

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる