ドラマの本質は長さにあり!? 『きみセカ』『監察医 朝顔』など2クールドラマ増加の背景

ドラマの本質は長さにあり!? 『きみセカ』『監察医 朝顔』など2クールドラマ増加の背景

 一方、冬クールにはじまる2クールドラマとして、今後の試金石となりそうなのが、日本テレビの「日曜ドラマ」(日曜夜10時30分放送)枠で放送される『君と世界が終わる日に』だ。

『君と世界が終わる日に』(c)日本テレビ

 本作は竹内涼真が主演を務めるゾンビを題材にしたサバイバルアクションドラマ。はじめに地上波でSeason1となる全10話が放送された後、Season2となる全6話がHuluで配信される。つまり全体としては16話という構成なのだが、テレビと配信で発表媒体が別れているのだ。

 これまでにも、日本テレビのドラマはスピンオフ作品などをHuluで積極的に配信していた。中には本編で謎だった部分をHuluで配信することもあり、その際には批判的な意見も多かった。

 連続ドラマの完結編を劇場映画で見せるという展開は、テレビドラマでは定番化しており、珍しいものではない。それが配信に移ったということだと思うのだが、初めから完結編をHuluで配信すると謳って、地上波でまず放送するという展開は、むしろ潔いと感じる。それでもある程度の批判は免れられないだろうが、テレビの尺に収めることで作り手の表現が制限されるのであれば、舞台を配信に移して作り手のやりたいことを貫徹してほしいというのが、正直な気持ちである。

 Netflixなどでストリーミング配信されている海外のドラマを観ていると、話数も放送時間も多めにとられており、ストーリー展開やキャラクターの描写がゆったりとしていて、丁寧だなぁと感じる。

 対して国内ドラマは『監察医朝顔』のような2クールドラマは例外で、多くのドラマは話数も放送時間も減少傾向にあり、1クールのドラマも全10話と縮小傾向にあり、1話の放送時間も30分の作品が増えている。そのため物語も、複雑な展開は敬遠され、できるだけわかりやすくストレスのないものが好まれるようになっている。

 これには一長一短があり、気軽に楽しむ分には最適な形態だが「本当にこれでいいのだろうか?」と、最近は感じる。

 長尺で濃厚な海外ドラマを観終えた後で、日本のドラマを観ると、その“見やすさ”に感心する。しかしこの見やすさは、ノイズとなる複雑な要素を削ぎ落とした結果であり、ドラマファンとしては物足りなく感じていた。

 ドラマの本質は長さにあり、長ければ長いほど劇中で描けることが広がっていく。だから、2クールのドラマが増えつつある最近の流れは良い傾向だと思う。

■成馬零一
76年生まれ。ライター、ドラマ評論家。ドラマ評を中心に雑誌、ウェブ等で幅広く執筆。単著に『TVドラマは、ジャニーズものだけ見ろ!』(宝島社新書)、『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の脚本家』(河出書房新社)がある。

■放送情報
『君と世界が終わる日に』
Season1(全10話):日本テレビ系にて、1月17日(日)スタート 毎週日曜22:30〜放送予定
Season2(全6話):Huluにて、3月配信開始
出演:竹内涼真、中条あやみ、笠松将、飯豊まりえ、大谷亮平、笹野高史、マキタスポーツ、安藤玉恵、横溝菜帆、鈴之助、キム・ジェヒョン、滝藤賢一
脚本:池田奈津子
音楽:Slavomir Kowalewski A-bee
主題歌:菅田将暉「星を仰ぐ」(Sony Music Labels Inc.)
制作:福士睦、長澤一史
チーフプロデューサー:加藤正俊、茶ノ前香
プロデューサー:鈴木亜希乃、鬼頭直孝、伊藤裕史
協力プロデューサー:白石香織
演出:菅原伸太郎、中茎強、久保田充
制作協力:日テレアックスオン
製作著作:日本テレビ、HJ Holdings,Inc.
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/kimiseka/
公式Twitter:@kimiseka_ntv
公式Instagram:@kimiseka_ntv

『監察医 朝顔』
フジテレビ系にて、毎週月曜21:00〜放送
(2020年秋・2021年冬2クール連続)
出演:上野樹里、時任三郎、風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES)、藤原季節、斉藤陽一郎、坂ノ上 茜、田川隼嗣、宮本茉由、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、加藤柚凪、戸次重幸、平岩 紙、ともさかりえ、三宅弘城、杉本哲太、板尾創路、山口智子、柄本明 ほか
原作:『監察医 朝顔』(実業之日本社)
脚本:根本ノンジ
プロデュース:金城綾香
演出:平野眞、阿部雅和
制作:フジテレビ
(c)フジテレビ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる