岩田剛典、2021年の抱負に「復活」掲げる 「1年が終わる頃にはエンタメに復活してもらいたい」

岩田剛典、2021年の抱負に「復活」掲げる 「1年が終わる頃にはエンタメに復活してもらいたい」

 映画『名も無き世界のエンドロール』の完成報告会見が1月7日に都内で行われ、岩田剛典、新田真剣佑、山田杏奈、中村アン、佐藤祐市監督が出席。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、上映会から無観客ライブ配信に変更される中、画面の向こうの視聴者に元気な笑顔を届けた。

 強い絆で結ばれた幼なじみのキダ(岩田剛典)とマコト(新田真剣佑)が10年の歳月をかけて壮大な計画を実行する本作。岩田は「キダは心優しく穏やかなキャラクターなんですが、とある事件をきっかけに人間がまるごと変わります。そのコントラストが表現できるように意識しました。交渉屋という職業は演じたことがなくて、この作品自体キダがストーリーテラーでもあるので、いかに作品の軸としてキャラクターを成立させていくかをすごく考えた」と役作りの工夫を明かした。

岩田剛典

 マコトを演じた新田は「この物語は10年前と現在を描いていて、過去が明るいほどラストが生きてくる。幼なじみの3人が楽しく過ごすシーンで観ている側を笑顔にしたい」と意気込んだ。初共演となる岩田と新田だが、互いの印象について、岩田が「メディアで見るイメージそのまま。明るく天真爛漫で、現場が終わるころには歳の違う兄弟という感覚になれた」と話せば、新田は「クラインクインして間もない時に『がんちゃん』って呼んでもいいですか? って聞いて、それ以降、がんちゃんと呼ばせていただいいています」と明かすなど仲の良さを窺わせた。

新田真剣佑

 もう1人の幼なじみヨッチを演じたのは山田。「10年前のパートに出てくる役で後半は登場しないんですけど、10年後の出来事にも深く関わってくるので、そこまでずっと残っているような役でありたい」と考えたそう。岩田、新田との共演について「私だけ幼くならないようにと思っていたんですけど、お芝居に入ったら2人がどんどん引っ張ってくださるので、楽しみながら3人の時間を過ごせてすごく幸せな時間でした」と振り返った。

山田杏奈

 3人の関係性について、新田も「山田杏奈ちゃんは撮影時に18歳だったので年齢差はあるんですけど、前から知り合いなんだろうなという雰囲気がちゃんと出ていましたね」と太鼓判を押した。年齢差を感じさせないという感想に、岩田は「僕は感じていましたけど、あえて口に出さないようにしていました」と年上ならではの気遣いを打ち明けた。

佐藤祐市監督

 「がんちゃんが良い兄貴としていてくれた」と感謝を伝えた佐藤監督。「時系列がバラバラに動いていく作品なので、どうやってこれを観客の皆さんに伝えればいいんだろうと悩んでいた」とのこと。「ロケで缶詰でしたが、僕はそのことにフォーカスして、芝居のことは皆さんにお任せじゃないけど、シーンとシーンをつなげてシークエンスにし、そのシークエンスが連なって一つの大きな作品にして届けるイメージを大事にした」と俳優陣との信頼関係に支えられた作品であることを明かした。

中村アン

 中村演じるリサは、キダとマコトが10年の歳月をかけて近づく高嶺の花的なキャラクター。ラスト20分は、中村が「はじめに読ませていただいてすごい不安だった」と話す急展開。「監督が『大丈夫』と言ってくださったので、ドキドキしながら撮影をしたんですけど、まっけんくんとすごいパワーでぶつかり合えた」と手ごたえを語った。「すごい壮絶な2日間」が終わったのは朝方で「終わってすぐメイク部屋のみんながいるところで、まっけんくんがシャワーを浴びていたのが、すぐ切り替えてすごい」と感心していた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる