山田杏奈、『名も無き世界のエンドロール』出演 岩田剛典×新田真剣佑の“運命の人”となるヒロイン役に

 岩田剛典と新田真剣佑が初共演を果たす映画『名も無き世界のエンドロール』に、山田杏奈がヒロイン役で出演することが決定した。

 行成薫が「第25回小説すばる新人賞」を受賞した同名サスペンス小説を映画化する本作は、表と裏、2つの世界でのし上がるバディの物語。ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)や、映画『累 -かさね-』『ういらぶ。』を手がけた佐藤祐市が監督を務める。

 問題のある家庭で、淋しさを抱えて育ったキダ(岩田剛典)とマコト(新田真剣佑)。そこへ同じ境遇の転校生・ヨッチもまじわり、少年期から成人まで、3人は支え合いながら生きてきた。だがある時、ヨッチは2人の前から突然消えてしまう。それから10年もの月日が流れ、キダとマコトは表と裏それぞれの世界を、死に物狂いでのし上がっていた。全ては、世界の片隅で生きてきた彼らとは住む世界の異なる「ある女性」にプロポーズをするため。しかし、実はそれは日本中をも巻き込んだ、ある壮大な計画だった。ラスト20分、想像を絶する衝撃のエンドロールが幕を開ける。

 山田は、岩田演じるキダ、新田演じるマコトと家族以上の固い絆で結ばれた幼なじみのヨッチを演じる。ヨッチは、過去に受けたいじめによるトラウマを抱えていたが、そんな自分の存在を真正面から受け入れてくれた2人を唯一信頼し、「ずっと一緒にいよう」と誓うも、訳あって2人の元を去らねばならなくなった哀しき女性という役柄になる。「どこか少年らしいボーイッシュな雰囲気を持ちながらも、可憐さを併せ持ち観た人の記憶に残る唯一無二の存在感を放つ」という理由から、今回のキャスティングが実現した。

 出演が決定した山田からはコメントが寄せられている。

山田杏奈 コメント

ヨッチを演じて

ヨッチはキダとマコトの幼なじみであり、ふたりにとって失いがたいとても大切な存在です。彼女の無邪気でざっくばらんな部分と、一転して危うい部分を大切にしながら演じさせていただきました。

岩田剛典と新田真剣佑のバディとの共演

お二人とも初めての共演で、緊張もありましたが、佐藤監督の演出とお二人のテンポ感にひっぱられて素敵な間柄を描けたかと思います。

鑑賞者へのメッセージ

まさに「衝撃のエンドロール」です(笑)。
私自身どこまで言っていいものかとそわそわしながらコメントを書いております。
最後まで前のめりで見ていただける作品になっていると思います! ぜひ楽しみにしていてください。

■公開情報
『名も無き世界のエンドロール』
2021年新春全国ロードショー
出演:岩田剛典、新田真剣佑、山田杏奈
原作:行成薫『名も無き世界のエンドロール』(集英社文庫)
監督:佐藤祐市
制作プロダクション:RIKIプロジェクト、共同テレビジョン
配給:エイベックス・ピクチャーズ
(c)行成薫/集英社 (c)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
公式サイト:www.namonaki.jp
公式Twitter:https://twitter.com/namonaki2021
公式Instagram:http://instagram.com/namonaki2021

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる