HiHi Jets 井上瑞稀、『麒麟がくる』第39回より登場! 「覚悟をもって、堂々と演じたい」

 毎週日曜日に放送されている大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合)。このたび、1月3日放送の第39回より初登場する井上瑞稀(HiHi Jets)よりコメントが寄せられた。

 本作は、大河ドラマ第29作『太平記』の池端俊策が脚本を手掛けた戦国時代劇。織田信長の家臣として知られ、日本史の一大事件のひとつ「本能寺の変」を起こした智将・明智光秀(長谷川博己)を主役とし、その謎めいた半生に光を当てていく。

 井上が演じるのは、織田信長(染谷将太)の長男・織田信忠。信長の後継者として帰蝶(川口春奈)に育てられる。

 井上は大河ドラマへの出演が夢だったようで、「出演が決まったとき、うれしい気持ちもすごくあったのですが、本当に出演するのか、なかなか信じられなくて……台本を受け取ったときにやっと実感が沸いてきました」とその思いを明かす。また、『麒麟がくる』について、「キャラクターひとりひとりの感情の動きがすごく分かりやすくて、『信長も同じ人間、帰蝶も同じ人間』と、歴史上の人物に感情移入しやすいドラマ」とその魅力をコメントした。

井上瑞稀(織田信忠役)コメント全文

大河ドラマ出演がずっと夢でした。出演が決まったとき、うれしい気持ちもすごくあったのですが、本当に出演するのか、なかなか信じられなくて……台本を受け取ったときにやっと実感が沸いてきました。

大河ドラマはもちろん、時代劇もはじめてなので、最初はとても緊張しました。言葉づかいや、歩き方・姿勢などの所作など、とても難しかったです。

織田信忠は歴史において重要な人物ですので、演じることはとてもプレッシャーでした。あの帰蝶に育てられ、父・信長の背中を見ながら成長した信忠なので、その覚悟をもって、堂々と演じたいと思います。

『麒麟がくる』は、歴史としてのベースも軸にはあるんですけど、キャラクターひとりひとりの感情の動きがすごく分かりやすくて、「信長も同じ人間、帰蝶も同じ人間」と、歴史上の人物に感情移入しやすいドラマだと思います。時代劇には堅いイメージがあると思いますが、普段時代劇をご覧にならない方も、すごく楽しいと思います。

■放送情報
大河ドラマ『麒麟がくる』
NHK総合にて、毎週日曜20:00〜放送
BSプレミアムにて、毎週日曜18:00〜放送
BS4Kにて、毎週日曜9:00〜放送
主演:長谷川博己
作:池端俊策
語り:市川海老蔵
音楽:ジョン・グラム
制作統括:落合将、藤並英樹
プロデューサー:中野亮平
演出:大原拓、一色隆司、佐々木善春、深川貴志
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/kirin/
公式Twitter:@nhk_kirin

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる