谷原章介「演じることができて幸せでした」 『麒麟がくる』三淵藤英の最後を語る

谷原章介「演じることができて幸せでした」 『麒麟がくる』三淵藤英の最後を語る

 毎週日曜日に放送されている大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合)。このたび、12月27日放送の第38回に登場した谷原章介よりコメントが寄せられた。

 本作は、大河ドラマ第29作『太平記』の池端俊策が脚本を手掛けた戦国時代劇。織田信長の家臣として知られ、日本史の一大事件のひとつ「本能寺の変」を起こした智将・明智光秀(長谷川博己)を主役とし、その謎めいた半生に光を当てていく。

 谷原が演じる三淵藤英は、室町幕府末期の幕臣(将軍奉公衆)。光秀の盟友・細川藤孝(眞島秀和)の異母兄でもある。 幕臣として、将軍・足利義輝(向井理)、足利義昭(滝藤賢一)に仕える。

 第38回では三淵が明智家の庭で切腹するシーンが描かれた。谷原はこのシーンについて、「自分なりにやり切ったという思いでした。もちろん胸の内には、信長についていれば……将軍と距離をおけば……そのような思いもあったのかもしれません。でもそれをしてしまうと藤孝と同じになってしまう。そうして生き残ったとて三淵にとっては死んだも同然の意味のない生になってしまう。どう生きるかということはどう死ぬのかということなのかもしれません。その晩節を助命嘆願で汚したくはなかったのです」と三淵の思いを分析。

 約1年間演じた三淵については、「最初、三淵は感情を表に出すことが少なく、策士なのか? 特権意識で凝り固まった嫌なやつなのか? どういう人間なのか掴みづらかったです。物語が進むにつれ徐々にその姿が僕にも見えてきて彼を好きになっていきました。三淵と藤孝は対照的な2人だと思います。藤孝の生き方は人間としては正しいと思います。ですが三淵の生き方は幕臣として正しいものであったと思います。三淵藤英という役に出逢えて、演じることができて幸せでした」と語った。

■放送情報
大河ドラマ『麒麟がくる』
NHK総合にて、毎週日曜20:00〜放送
BSプレミアムにて、毎週日曜18:00〜放送
BS4Kにて、毎週日曜9:00〜放送
主演:長谷川博己
作:池端俊策
語り:市川海老蔵
音楽:ジョン・グラム
制作統括:落合将、藤並英樹
プロデューサー:中野亮平
演出:大原拓、一色隆司、佐々木善春、深川貴志
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/kirin/
公式Twitter:@nhk_kirin

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる