岡田准一と堤真一の出会いのシーンが 『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』新場面写真

岡田准一と堤真一の出会いのシーンが 『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』新場面写真

 2021年2月5日公開の映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』より、新たな場面写真が公開された。

 累計発行部数800万部の人気を誇る南勝久のコミック『ザ・ファブル』(講談社『ヤンマガKC』刊)を映画化した2019年公開の前作は、圧倒的な強さと的確な手腕で、岡田准一演じる狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋・通称“ファブル”が、1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送るというミッションを遂行する模様が描かれた。

 続編となる本作は、アキラがかつて助けられなかった車椅子の少女・ヒナコ(平手友梨奈)と再会するところから物語が始まる。しかし、その影には、表向きは子供を守るNPO代表だが裏では若者を平気で殺す危険な男・宇津帆(堤真一)や、凄腕の殺し屋・鈴木(安藤政信)がいて……。

 公開された場面写真は、宇津帆がアキラのバイト先に発注したチラシを何も知らずにアキラが届けにきた際に、二人が思わぬ形で初めて劇中で直接対面するシーンを捉えたもの。アキラの正体がファブルとは気づいていない宇津帆と、宇津帆がかつての因縁の男と気づくも表情に出さないアキラを描く、重要なシーンとなっている。

 岡田は、堤との共演について「キャリアの節目になる作品でご一緒させていただいてきた堤真一さんにご出演いただけたことにご縁を感じる」と語る。一方、堤は岡田に対し、「師範になられてましたね(笑)」と、主演兼ファイトコレオグラファーを務める岡田の様子を振り返りながら、「今回もそうですが、共演の度に岡田君のおかげでいろいろな役に出会わせてもらってる気がします」とコメント。

 本作での宇津帆役について、堤は「ここまで振り切った悪党の役をやったことは無かったので、これは自分にとって大きな挑戦になる」と語っている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』
2021年2月5日(金)全国公開
出演:岡田准一、木村文乃、平手友梨奈、安藤政信、黒瀬純、好井まさお、橋本マナミ、宮川大輔、山本美月、佐藤二朗、井之脇海、安田顕、佐藤浩市、堤真一
原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社『ヤンマガKC』刊)
監督:江口カン
配給:松竹
企画・製作:松竹×日本テレビ
制作プロダクション:ギークサイト
(c)2021『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』製作委員会
公式サイト:https://the-fable-movie.jp/
公式Twitter:@the_fable_movie
公式Instagram:@fable_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる