マシュー・ボーン版『赤い靴』2021年2月公開へ コロナ禍で日本公演延期となったバレエが映画で上陸

 英国バレエ界の鬼才マシュー・ボーンの話題作『マシュー・ボーン IN CINEMA/赤い靴』が2021年2月11日より公開されることが決定。あわせてポスタービジュアルと予告編、場面写真が公開された。

 古典作品を斬新な解釈で蘇らせてきた英国バレエ界の奇才、ボーンが振付・演出を手掛けたバレエ『赤い靴』。2020年6月に予定されていた日本公演が新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け中止となっていたが、来年2021年に映画として日本のスクリーンに初上陸する。

 ボーンが10代の頃から愛し続けたクラシック映画の名作『赤い靴』(1948年/マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー監督)、そしてアンデルセンの童話をもとに発表された本舞台は、2016年のワールドプレミアで開幕前にソールドアウトを記録、見事ローレンス・オリヴィエ賞2冠に輝き、「マシュー・ボーン史上、最高傑作」と評され、イギリス、アメリカ中の観客を魅了した。

 公開されたポスターは、世界一のダンサーになることを夢見る少女ヴィクトリアが、赤いトゥシューズを片手にステージ上で舞う姿をとらえたビジュアルとなっている。

『マシュー・ボーン IN CINEMA/赤い靴』予告編

 予告編は、『市民ケーン』『タクシードライバー』などの音楽を手掛けた巨匠バーナード・ハーマンの音楽に乗せて幕を開ける。さらに、今回の撮影は2020年1月にサドラーズ・ウェルズ劇場で行われたが、何よりもスペシャルなのは、レルモントフ役を客演するのが、『シンデレラ』以来20年振りにボーン作品に戻ってきたアダム・クーパーであること。ヴィクトリアとレルモントフのモデルとなったのは、伝説の天才ダンサー、ニジンスキーとバレエ・リュスの創始者ディアギレフと言われている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『マシュー・ボーン IN CINEMA/赤い靴』
2021年2月11日(木・祝)より、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
演出・振付:マシュー・ボーン
舞台・衣装デザイン:レズ・ブラザーストン
照明:ポール・コンスタンブル
音響:ポール・グルーサス
音楽:バーナード・ハーマン
原作:映画『赤い靴』(監督:マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー)および、ハンス・クリスチャン・アンデルセンによる同名童話
キャスト:アダム・クーパー、アシュリー・ショー、ドミニク・ノース、ミケラ・メアッツァ、リアム・ムーア、グレン・グラハム 
提供:MORE2SCREEN
配給:ミモザフィルムズ
配給・宣伝協力:dbi inc.
後援:ブリティッシュ・カウンシル
撮影場所:サドラーズ・ウェルズ劇場/撮影時期:2020年1月/上映時間:97分
(c)Illuminations and New Adventures Limited MMXX
Photo by Johan Persson
公式サイト:mb-redshoes.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる