ニコラス・ケイジ×トニー・ジャーのSFアクション 『アースフォール JIU JITSU』2021年1月公開へ

 ニコラス・ケイジ出演、トニー・ジャー共演のSFアクション『アースフォール JIU JITSU』が2021年1月15日より公開されることが決定した。

 本作は、彗星とともに現れた超好戦型の宇宙人に決闘を挑まれた人類最強の格闘家たちが、世界最強の格闘技を駆使し、究極奥義の祭典で人類滅亡の危機を救うべく奮闘する壮大なSFアクション。

 総製作費30億円をかけ、キプロスで撮影される最初のハリウッド映画となった本作。キャストは、全員本格派のアクション・スターで揃えられた。最新作『モンスターハンター』の公開も控えるトニー・ジャー。ボクサー経験もあり、『アベンジャーズ/エンドゲーム』をはじめ大作からのオファーが続くフランク・グリロ。柔術から武道をはじめ、その後カナダの伝説的なキックボクサーに師事したアラン・ムーシ。

 そして、彼らの師ともいうべき存在の謎の隠居者・ワイリーを演じるのは、『キック・アス』などのニコラス・ケイジ。もともとブルース・ウィリスで配役が決定していたが、ウィリスがスケジュールの都合でキャンセル。すると彼の友人であるケイジが助け船を出す形でこの役を引き受けるという経緯があったその上、ケイジは、高い格闘経験を持つ若手キャストに対峙すべく、クランクイン前に自主的に友人であるホイス・グレイシーの下を訪れ、グレイシー柔術をはじめ詠春拳、空手、截拳道の指南を受けたという。

映画『アースフォール JIU JITSU』予告編

 公開された予告編では、ケイジがグレイシーから直接指南されたアクションで、宇宙人と激しい格闘をしているシーンから始まり、ジャー、グリロ、マリー・アヴゲロプロス、ムーシなど全人類滅亡の危機を救うべく立ち上がった人類最強の9人が、究極奥義の祭典さながらに、クンフー、ムエタイ、武装術、カポエラなどのアクションを披露している。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『アースフォール JIU JITSU』
出演:ニコラス・ケイジ、トニー・ジャー、フランク・グリロ、アラン・ムーシ、マリー・アヴゲロプロス、ジュージュー・チャン
監督・脚本:ディミトリ・ロゴセティス
アクション監督:スポージ・カオウォン
撮影:ディミトリ・ロゴセティス
SFX:ケネス・カッサール
VFX:ギャレット・ルーサ
英題:JIU JITSU
提供:日活株式会社
配給:AMGエンタテインメント
125分/カラー/英語/日本語字幕/シネマスコープサイズ/ブルーレイ/製作国:アメリカ
(c)2020. LBE JIU JITSU AVC LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:amg-e.co.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる