『ファンタスティック・フォー』再映画化も 新作ラインナップも明らかになったMCUの重大発表

『ファンタスティック・フォー』再映画化も 新作ラインナップも明らかになったMCUの重大発表

 12月11日、マーベルファン、『スター・ウォーズ』好きを喜ばせる大発表がありました。実はこの日、ディズニーが投資家向けの説明会を開き、その中で今後のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)、そして『スター・ウォーズ』の展開についてのプレゼンテーションを行ったのです。当然、今後のラインナップも紹介され、ファンにとってはたまらない作品が今後リリースされることがわかりました。ここではMCUをメインにその発表内容をとりあげましょう。

 前提として、MCUも『スター・ウォーズ』も劇場公開作品だけではなく、ディズニープラスでの配信ドラマも重要なパーツとなっていきます。まずMCUドラマですが、すでに発表されている作品たちに加え、新たに次の作品の製作が発表されました。

『アイアンハート(原題)』
『アーマー・ウォーズ(原題)』
『シークレット・インベージョン(原題)』
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル(原題)』
『アイアムグルート(原題)』です。

 まず興味深いのは、『アイアンハート』と『アーマー・ウォーズ』。これは“アイアンマン”に関連する物語。『アイアンハート』は、アイアンマンことトニー・スタークの意志を引き継いだ15歳の天才少女(黒人の女の子です)のリリ・ウィリアムズが、アーマーを装着してアイアンマン的活躍をするようになる。彼女はアイアンハートと名乗ります。コミックだとトニー・スタークの支援を受けたりするのですが、MCUではもうトニーはいないので、トニーの“意志”ではなく“遺志”をひきつぐのかもしれません。

 アイアンハートがMCUに登場するのはある程度予測ができたのですが、ちょっとビックリだったのは『アーマー・ウォーズ』。これはドン・チードル演じるローディ、つまりウォーマシーンが主役です。コミックのアーマー・ウォーズは、アイアンマンの技術情報が裏社会等に流出し、“悪のアイアンマン”がたくさん出現。それをトニー・スタークが退治していく話です。なので本来はアイアンマンが主役ですが、これもMCUではトニーがいないので、トニーの代わりにウォーマシーンが事態の収拾をはかる、ということでしょうか? 僕は重装備のウォーマシーン・アーマー好きなのでこれは嬉しい。

 この2作に期待したいのは、本人は「MCUは卒業、もう出ない」と公言しているロバート・ダウニー・Jr.がなんらかの形でトニー・スタークとして登場してくれること。AIのホログラフィーとかでもいいから。特に『アイアンハート』はジャービス的にリリ・ウィリアムズをAIのトニーが助けるなどの展開を期待したいのですが。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる