及川光博は“日常と非日常”を成立させる俳優だ 『#リモラブ』で体現する大人の恋模様

及川光博は“日常と非日常”を成立させる俳優だ 『#リモラブ』で体現する大人の恋模様

 そんな及川が『#リモラブ』では「ゆりっぺ」こと精神科医の富近(江口のりこ)と大人の恋を育む朝鳴を演じている。昭和ギャグを飛ばしながら、飄々と仕事をこなす朝鳴と、恋愛は歓迎するが、結婚に夢を持っていないと語る富近との関係は、美々(波瑠)と青林(松下洸平)や、八木原(高橋優斗)と栞(福地桃子)のそれと比べると、感情の起伏が少なく非常に穏やかで自然体だ。恋愛が人生の100%ではなく生活の一部であり、できる範囲で進めていこうというテンションに共感する視聴者も多いのではないか。

 屋台のラーメン屋で並んで座り、メンマのやり取りをする行為と、誕生日に赤いバラの花束を持って現れるサプライズ。日常と非日常、ハレとケ。その両方をリアルに成立させられるのが俳優・及川光博の真骨頂だとも思う。また、これまで「振り回され型」のキャラクターを得意としてきた彼が、本ドラマでは大人の恋愛モードを担い、時に“攻め”の立場にまわるのも興味深い。

 アーティストとしてライブのステージで魅せる姿とはまったく違うキャラクターを澄んだ水のように演じるミッチー……いや、及川光博が、今後、どんな役柄にトライするのか楽しみにしつつ、個人的にはとんでもない悪役を演じ切る姿を見てみたいとも思うのである。あの優しげな雰囲気で悪人を演じたら、それはそれは怖いよ。

※高橋優斗の「高」はハシゴダカが正式表記。

■上村由紀子
ドラマコラムニスト×演劇ライター。芸術系の大学を卒業後、FMラジオDJ、リポーター、TVナレーター等を経てライターに。TBS『マツコの知らない世界』(劇場の世界案内人)、『アカデミーナイトG』、テレビ東京『よじごじDays』、TBSラジオ『サキドリ!感激シアター』(舞台コメンテーター)等、メディア出演も多数。雑誌、Web媒体で俳優、クリエイターへのインタビュー取材を担当しながら、文春オンライン、産経デジタル等でエンタメ考察のコラムを連載中。ハワイ、沖縄、博多大吉が好き。Twitter:@makigami_p

■放送情報
『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』
日本テレビ系にて、毎週水曜22:00〜23:00放送
出演:波瑠、松下洸平、間宮祥太朗、川栄李奈、高橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)、福地桃子、渡辺大、江口のりこ、及川光博
脚本:水橋文美江
演出:中島悟、丸谷俊平
プロデューサー:櫨山裕子、秋元孝之
チーフプロデューサー:西憲彦
制作協力:オフィスクレッシェンド
製作著作:日本テレビ
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/remolove/
公式Twitter:@remolove_NTV
公式Instagram:@remolove_NTV

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる