ベイダー卿ら『スター・ウォーズ』関係者複数 2020年コロナで亡くなった映画業界人を振り返る

ベイダー卿ら『スター・ウォーズ』関係者複数 2020年コロナで亡くなった映画業界人を振り返る

 2020年を振り返ると映画界には色々なことが起きました。新型コロナウイルスは興行収入面に影響を与えたのみならず、歴史に名を刻んだ撮影監督や言語コーチなど業界の一線で活躍していた人々の命までも奪ってしまった。日本でも、『キネマの神様』で主演を務める予定だった志村けんが他界し、多くの国民が悲しみに包まれました。つい先日、かのダース・ベイダー卿を演じていた俳優デヴィッド・プラウズの訃報が届いたことを受け、今一度今年コロナによってこの世を去ってしまった映画人たちと、彼らの功績を振り返りたいと思います。

アレン・ダヴィオー(シネマフォトグラファー/77歳没)

 前期スティーヴン・スピルバーグの名作には必ずこの人あり。アレン・ダヴィオーは『E.T.』をはじめ、『カラーパープル』『太陽の帝国』などの作品で過去にアカデミー賞ノミネート歴が5回もある敏腕シネマフォトグラファーです。映画やTVドラマに夢中だった彼は映画学校に通わず、いくつものスタジオに顔を出して、当時の尊敬する撮影監督らの仕事を目で見て覚えました。こういう飛び込みで現場の空気を学ぶ姿勢は、スタジオツアーを抜け出してその場で人脈を作ったスピルバーグと同じですね。

 この2人は1968年、スピルバーグが監督した短編映画『AMBLIN』(後の制作会社名の由来)で初めてタッグを組み、それから長い付き合いに。ダヴィオーは「光のマスター」として知られており、『E.T.』ではそんな彼の実力が存分に生かされています。特に、後にスピルバーグが自身の作品に多用するガラス越しの撮影や、E.T.の隠れるクローゼットに差し込む光など、彼が撮影監督として後世に残した表現方法は挙げだしたらキリがありません。

 『ヴァン・ヘルシング』(2004年)まで精力的に活動し、2010年に引退。近年彼はモーションピクチャー&テレビジョン基金(MPTF)が設立した介護施設で生活を送っていましたが、施設内でアウトブレイクが起き、院内感染。その後が合併症により、77歳で息を引き取りました。

アン・サリヴァン(アニメーター/91歳没)

 実はMPTFの介護施設における院内感染で亡くなった映画人はアレン・ダヴィオーだけではありありません。かつてウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオに所属し、アニメーターとして活躍したアン・サリヴァンもその1人。

 彼女はパサデナのアートセンター・カレッジ・オブ・デザイン卒業後、ディズニー・スタジオのペイント部門に入社し、『ピーター・パン』(1953年)から参加。その後、出産と養育のために一時的に『原始家族フリントストーン』や『スクービードゥー』などを手がけたハンナ・バーベラ・プロダクションに移籍。1987年にディズニーに戻り、『リトル・マーメイド』や『ライオン・キング』『ターザン』をはじめとする数々のヒット作の制作に携わりました。

 MPTF介護施設内のアウトブレイクに巻き込まれ、合併症を起こして亡くなってしまったサリヴァン。ダヴィオーと彼女に加え、『ビバリーヒルズ・コップ2』などに出演した俳優のアレン・ガーフィールドもコロナ感染し、この世を去りました。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる