三浦春馬さんの好演も見逃せない 『こんな夜更けにバナナかよ』が現代社会に伝えるメッセージ

『こんな夜更けにバナナかよ』のメッセージ

 鹿野靖明という人物の生き方から、我々ははたして何を学ぶことができるだろうか。そんな前のめりの姿勢で映画を観るというのはあまり落ち着かないスタイルではあるが、自立生活を送るひとりの筋ジストロフィー患者と彼を支えるボランティアたちの何気ない日常が延々と積み重ねられていく『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』を観ていると、不思議とそこから何か学べないものかという欲が出てしまう。それは皮肉にもこの映画が公開された2年前と社会全体の様相がガラリと変わってしまったからなのか、それとも“自己責任”というあまりにも無責任な言葉がさも当然のように横たわるほど心が貧しい社会になってしまったからなのだろうか。

 物語は高畑充希演じるフリーターの美咲が、合コンで知り合った三浦春馬演じる医大生の田中に会うため、彼がボランティアとして働くある部屋を訪れるところから始まる。そこで出会ったのは、国の指定難病である筋ジストロフィーを幼い頃に患い、首と手しか動かすことができずに、大勢のボランティアに囲まれながら生活している鹿野という男だった。とにかくわがままかつ自由に振る舞いボランティアを振り回す鹿野に一瞬で気に入られてしまった美咲は、知らず知らずのうちにボランティアとして働くことになるのである。

 遺伝子の変異によって筋肉に不可欠なタンパク質の機能に異常が生じ、細胞機能を維持できなくなる。それによって筋肉の変性や壊死が起こり、筋萎縮や筋肉量の現象によって運動障害がもたらされる。筋ジストロフィーという名前こそ聞いたことあれど、それが一体どういう病なのか知らない人も少なくはないだろう。同じように全身の筋力が低下していくALS(脳萎縮性側索硬化症)という難病もあるが、そちらは運動ニューロンが原因となる神経変性疾患であるため異なっており、それでもやがて体が動かなくなり呼吸機能障害などの合併症を引き起こすという点では共通している。

 けれどもこの映画では、その病気が一体どんな病気なのかという点についての説明はごく最低限しか為されない。「なぜ病気になったのか」「どうやったら治せるのか」といった無意味にドラマティックなことは二の次三の次であり、あくまでも「どう生きていくのか」というすごくシンプルな部分にだけフォーカスを当てていく。他人との関わり合いの中で、恋をして、悩んで、わいわい盛り上がって、夢を持つ。それはつまり、障がい者と健常者が同じ環境で対等に生きる、“ノーマライゼーション”の思想が映画にも強く反映されているからではないだろうか。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「作品評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる