本上まなみと向井理が吹き替え担当 “モンテッソーリ教育”に迫るドキュメンタリー映画公開へ

本上まなみと向井理が吹き替え担当 “モンテッソーリ教育”に迫るドキュメンタリー映画公開へ

 ドキュメンタリー映画『モンテッソーリ 子どもの家』が、2021年2月19日より新宿ピカデリー、イオンシネマほかにて全国公開されることが決定した、

 本作は、アンネ・フランクから英国ロイヤルファミリー、Amazonのジェフ・ベゾスやFacebookのマーク・ザッカーバーグら米大手IT企業の創業者、そして棋士の藤井聡太王位まで、錚々たる著名人が受けたとして知られる“モンテッソーリ教育”の現場を観察したドキュメンタリー映画。

 イタリア出身のマリア・モンテッソーリが20世紀初頭に考案して以来、世界中に普及しているこのメソッドとは、一体どんなものなのか。本作は、ルーベにあるフランス最古のモンテッソーリ学校の幼児クラスに2年3カ月間密着。そこでは2歳半〜6歳の子どもたちがユニークな教具を自らが選んで自由に学んでいた。水差しの中身を測ったり、花の茎をハサミで切ったり、パズルをしたり……これらが学校での彼らの“お仕事”だ。その過程で訪れる魔法のような瞬間を紡ぐ。

 また、本作の日本語版吹き替えキャストに本上まなみと向井理が決定。本上はマリア・モンテッソーリの声を、向井はアレクサンドル・ムロ監督の声を担当する。本上と向井からはコメントが寄せられている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

コメント

本上まなみ

静かだけれどもの凄くスリリングな、攻めてる映画! 幼い子どもの真剣なまなざしってこんなにも美しいものなのですね。アイロンを掛ける、マッチで火を点す……「あぶない!」ってことも自由にできる環境に驚きました。集団生活でありながら個を大事にする(「同調」を強制しない)教育メソッド。ここには私たちが忘れていたたくさんのヒントがある。仲間の挑戦を静かに見守る小さな「ぼく」や「わたし」の姿に胸がきゅっとしました。

向井理

モンテッソーリ女史の教育方針に直接触れたのは今回の映画が初めてです。
ただ、そのお名前は以前から聞き及んでいて、どのような方針なのか興味はありました。
私自分自身親になり、常に子供との接し方を考える毎日です。
ですが何が正解なのか、何が間違っているのか。
その答えは恐らくいつまで経っても見つけられないことなのだと思います。
そんな苦闘する日々の中で、少しでも子育てに対するヒントになるような作品になって
いると思います。
刻々と複雑化する社会の中で、一人の親として、そして一人の子として何を感じて生きるべきなのか。
その様な悩みを抱える多くの親御様の選択肢を広げる一助になることができれば幸いです。

■公開情報
『モンテッソーリ 子どもの家』
2021年2月19日(金)新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国公開
監督・撮影・録音:アレクサンドル・ムロ
日本語吹替:本上まなみ、向井理
配給:スターサンズ、イオンエンターテイメント
2017年/フランス映画/105分/カラー/ビスタ/5.1ch/原題:Le maître est l’enfant/英題:Let the child be the guide/日本語字幕:星加久実/日本語字幕監修:田中昌子、大原青子/G
(c)DANS LE SENS DE LA VIE 2017
公式サイト:montessori-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる