エヴァ・グリーン演じる宇宙飛行士と娘の絆描く 坂本龍一が音楽担当『約束の宇宙』公開決定

 映画『Proxima(原題)』が、『約束の宇宙』の邦題で2021年4月16日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアルが公開された。

 

第45回セザール賞主演女優賞ノミネート、サン・セバスティアン国際映画祭審査員特別賞を受賞した本作は、宇宙飛行士の母と娘の絆を描いた人間ドラマ。

 フランス人宇宙飛行士のサラ(エヴァ・グリーン)は、欧州宇宙機関(ESA)で、長年の夢だった宇宙へ行くことを目指して、日々訓練に励んでいる。物理学者の夫とは離婚し、まだ7歳の娘ステラと二人で暮らしている彼女は、“Proxima(プロキシマ)”と名付けられたミッションのクルーに選ばれる。大喜びの彼女だったが、このミッションに旅立てば、約1年もの間、娘と離れ離れになる。過酷な訓練の合間に、娘は母と一つの約束をする。「打ち上げ前に、2人でロケットを見たい」と。母は約束を果たし、無事に宇宙へ飛び立てるのか。

 母・サラを演じるのは、『007/カジノ・ロワイヤル』でボンドガールを務め、ティム・バートン監督作のミューズとして『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』『ダンボ』などの話題作に出演してきたグリーン。娘のステラ役には、約300人の中からオーディションで選ばれたゼリー・ブーラン・レメルが扮する。さらに、サラと同じミッションに参加する宇宙飛行士をマット・ディロン、親子を温かく見守るカウンセラーをザンドラ・ヒュラー、サラの元夫をラース・アイディンガーが演じる。『裸足の季節』の脚本を手がけたアリス・ウィンクールが監督を務めた。

 坂本龍一が音楽を担当し、撮影は欧州宇宙機関(ESA)全面協力の下で、ドイツ、ロシア、カザフスタンの宇宙関連施設で敢行された。なお、日本公開にあたり、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の後援も決定。今回の後援は、宇宙飛行士であり母親でもある主人公と子の関係性を描いた本作にJAXAが賛同し実現したもので、洋画での後援は本作が初となる。

 公開されたポスタービジュアルでは、宇宙飛行士であり、母親である主人公サラが娘のステラを見つめる愛情深い眼差しが切り取られている。

■公開情報
『約束の宇宙』
2021年4月16日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
監督・脚本:アリス・ウィンクール
出演:エヴァ・グリーン、マット・ディロン、ザンドラ・ヒュラー
音楽:坂本龍一
配給:ツイン
2019 年/フランス/107分/フランス語・英語・ロシア語・ドイツ語/後援:JAXA/協力:Vixen
(c)Carole BETHUEL CDHARAMSALA & DARIUS FILMS
公式サイト:http://yakusokunosora.com/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる