【ネタバレあり】『先生を消す方程式。』深夜ならではのトンデモ展開 山田裕貴はもう一人の主役に

【ネタバレあり】『先生を消す方程式。』深夜ならではのトンデモ展開 山田裕貴はもう一人の主役に

 もう何が起きても驚かない。『先生を消す方程式。』(テレビ朝日系)、前週までで十分に免疫ができていたはずが、またもや予想の斜め上を行く超展開が待っていた。

 ついに義経(田中圭)を葬り去った朝日(山田裕貴)と刀矢(高橋文哉)。主人公が死亡する異例の事態に本コラムでも今後の展開を予想したが(参考:【ネタバレあり】田中圭にまさかの結末? 『先生を消す方程式。』第5話以降の世界線を大予想)、結論から言うと義経は復活。だが、その様子は以前と明らかに異なっていた。

 朝日は、義経のいなくなった3年D組を引き継ぐ。第5話では朝日の過去も明かされた。高校時代、内気な生徒だった朝日は同級生の平岡(庄野崎謙)たちにいじめられていた。そんな朝日を担任の静(松本まりか)は優しく励ますが、かえって平岡の怒りを買うことになり、静を殺すように脅されてしまう。

 朝日は平岡に命じられるまま静を階段から突き落とす。落下の衝撃で静は首を負傷し、意識不明の重体となった。『先生を消す方程式。』第5話からのドラマ後半には、前半の答え合わせ的な描写も含まれる。第1話冒頭で、義経と静があわてて家を出て行こうとするシーン。この時点で元気だった静は、朝日に突き落とされる前の姿だ。次に登場した時、静は病院のベッドにいて朝日は高校の教師になっている。その間、静は人工呼吸器を付けて眠り続けていたことになる。

 脱線するが、教師役の松本まりかが絶妙だ。『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)や、鈴木おさむが脚本を手掛けた『奪い愛、夏』(AbemaTV)の怪演で注目された松本。学園ものサスペンスの本作でも、癒し系の回想シーンのほか、教師役でそこはかとないSっ気を漂わせており、貴重なアクセントになっている。義経が静にプロポーズしようとしていたことや、10年以上付き合っていたと話していること、高校生の朝日が教員になるまで最低4、5年かかることを考慮すると、静の転落から義経が3年D組に赴任するまで5〜10年が経過していると考えられる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる