ブラッド・ピットにシャーリーズ・セロンも 米大統領選でのハリウッドスターの動きを振り返る

ブラッド・ピットにシャーリーズ・セロンも 米大統領選でのハリウッドスターの動きを振り返る

 もともとハリウッドのスターは、リベラルな価値観を持った人々が多く、保守派の共和党を支持する人々は少数派だ。仮に共和党の支持者でも、あまり公共の場で共和党を支持していると明らかにしている人は少ない。今年の大統領選は、これまでの大統領選とは、大きく異なるハリウッドスターのアプローチが目に付いた。彼らの戦いは、前回の大統領選後からすぐに始まっていたのだ。

 2016年の大統領選では、世論調査でも優位に立っていたヒラリーが圧勝すると、ハリウッドでは誰もが信じ切っていただろう。移民の人々を嫌うような国境の壁の建設、女性蔑視の発言、メディアに対して横柄な態度……どれをとっても、ドナルド・トランプが大統領の資質に達しているとは思えなかった。だがフタを開けてみたら、ビジネスマンとして生きてきたトランプが、日々の生活に頭を抱えていた中西部や中部の諸州の人々の心を掴んで勝利した。その勝利に、ハリウッドの関係者の中には、民主党の勝利を確信し、日頃からの多忙故に投票しなかったことを後悔した人々もいた。

 前回の大統領選ではヒラリー・クリントンが党大会で、ハリウッドのスターたちを次々に登壇させ、派手な演出でハリウッドが味方についているような宣伝を行ったことが逆に仇となったとも言われている。ある意味「金持ちの声は聞くが、民衆の声を聞かない」というようなイメージができてしまったのだ。

 故に今年に入ると、多くのハリウッドスターは陰ながらサポートする形を取った。投票の呼びかけはSNSのみにとどまることが多く、最終日にレディー・ガガが、バイデン大統領候補の前で歌を披露するぐらいで、セレブの登壇や派手なパフォーマンスは、例年の大統領選に比べて少なかった。今回は、大統領選を通したハリウッドスターの動きに触れながら、その変化を紹介したい。

 ケンタッキー州のルイビルに生まれ、共和党の家庭で育った、映画『ハンガー・ゲーム』シリーズのジェニファー・ローレンスは、オバマ政権時代まで共和党に投票していたが前回の大統領選から民主党に投票。今年の大統領選もジョー・バイデン大統領候補とカマラ・ハリス副大統領候補支持を明らかにしていた。SNSで「今年はジョー・バイデンとカマラ・ハリスに投票します。なぜなら、ドナルド・トランプはこれまでも、そしてこれからも、アメリカの安全と幸福よりも自分自身を優先し続けるからです。彼は、アメリカ人として、そして何より重要なのは、人間としての私の価値観を決して代表してはいません」と語り、共和党に対して距離を置く形となった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる