劇場版『鬼滅の刃』が驚天動地の成績を生み出した理由 映像に施された工夫から紐解く

劇場版『鬼滅の刃』が驚天動地の成績を生み出した理由 映像に施された工夫から紐解く

 社会現象となっている『鬼滅の刃』の人気が、興行収入という数字で示されると、まさに驚天動地としか言いようがない。一方でアニメに詳しくない方は「何がそこまで人気なのだろうか?」と疑問に思われるだろう。今回は『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を制作したufotableの特徴と、今作で凝らされた映像の工夫や、高いクオリティを誇る各セクションの魅力について考えていきたい。

 『鬼滅の刃』のアニメシリーズを制作するufotableは、アニメファンの中でも特別視されることも多いスタジオだ。その理由はどの作品であっても、1話観ただけでわかる圧倒的な映像美。日本のアニメスタジオは会社の規模にもよるが、作画のみを自社で行い、撮影、美術などの他のセクションは、それらを得意としている外部の制作会社に発注を行うことも多い。また作画部門を担当していたとしても、実際に絵を描くアニメーターは自社に所属していない、フリーの人材にお願いすることもある。一方でufotableは多くの制作工程を自社で行い、社内でスタッフを育てる方針もあり外部のアニメーターなどへの発注をなるべく抑えることで、連携がとれて作品のクオリティが上がると言われている。スタジオジブリ、京都アニメーションなどの限られたスタジオでしか、この方法は実践されていない。その結果、圧倒的な映像美が生まれる。

 特に戦闘描写に関しては世界のアニメーション作品と比較しても、他に類を見ないほどの迫力を有している。ここで引き合いに出したいのが8月に最終章が公開されて大ヒットを記録した『Fate/stay night [Heaven’s Feel] 』シリーズだ。こちらでは細い線で書かれたキャラクターが躍動し、目にも止まらぬ戦闘の早技と、撮影技術を駆使したエフェクトで観客を魅了してきた。世界でも最高峰のアニメのアクションシーンとして、多くのアニメファンから名前が挙がることは間違いないタイトルだ。

 しかし『鬼滅の刃』は、また違う迫力を生み出している。テレビシリーズでも顕著だったのは、技を繰り出す際のエフェクトが、撮影やCGではなく手書きで書かれているように見えたこと、またそれが浮世絵などの日本の伝統的手法に見えるように制作されていることだ。主人公の炭治郎の水の呼吸、そして必殺技の表現が特にわかりやすいだろう。またキャラクターの輪郭も太く、どちらかといえばのっぺりしており、絵であることを強調していた。これはゲーム原作である『Fate/stay night』シリーズに比べ、より絵であることを強調する漫画である『鬼滅の刃』の原作に寄り添った形だろう。

 漫画におけるアクションシーンの描写は難しい。当然漫画の絵は動かないので、動きを想像させながらも読みやすく、快感がある絵にする必要がある。そのためにモノローグや会話による解説などを行う手段、あるいはオノマトペを用いた戦闘音を文字として描くなどの手法がとられている。一方で、アニメになると文字演出などが難しくなり、期待に応えるだけの映像の魅力を動きや絵のタッチの違いで表現することが必要となるが、今作においてもufotableは最大級にその力を発揮した。

 例えば、鬼殺隊の面々の必殺技は手書きによる浮世絵風に、敵である鬼の技はCGや撮影技術を駆使してみせることで、両者の技の違いがはっきりと見て取れる。また序盤に登場する鬼の造形に注目したい。無限列車の中に登場する鬼は、鬼殺隊の主力である柱を務める煉獄によってあっという間に討伐される。ここは煉獄の強さを観客にみせるシーンとなるが、その鬼の造形はまるで百鬼夜行絵巻のような、水彩画を思わせる絵のタッチにより、より禍々しさが増しており、それを派手な技で倒すシーンも、作品の魅力増に一役買っている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「作品評」の最新記事

もっとみる