『共演NG』は秋元康の企画力の真骨頂 80年代から現在まで話題作を生み出し続けた歴史

『共演NG』は秋元康の企画力の真骨頂 80年代から現在まで話題作を生み出し続けた歴史

 芸能界の裏側を赤裸々に描いた『共演NG』(テレビ東京ほか)は視聴者の欲望のど真ん中を射抜く。

 中井貴一演じる人気俳優・遠山英二と、鈴木京香演じる人気女優・大園瞳は、かつて恋人同士であったが、遠山の浮気によって破局。以後、ふたりは共演NGとなり同じ作品に出演することはなかった。そこから25年、ラブストーリー『殺したいほど愛している』(ころあい)でついに封印が解けた。

 『ころあい』には、遠山と大園のみならず、共演NGの俳優たちが複数いる。元・師弟関係にあった出島徹太郎(里見浩太朗)と小松慎吾(堀部圭亮)、イケメンキャラがかぶっている2.5次元俳優・加地祐介(小澤廉)と戦隊モノ出身・佐久間潤(細田善彦)、元アイドルの篠塚美里(若月佑美)と現役アイドル・内田梢(小野花梨)。

 一触即発状態な俳優たちがひしめく撮影スタジオは、まるでそこここに爆弾が仕掛けられているようで、テレビ東洋の制作スタッフや事務所スタッフたちは戦々恐々となる。なぜ、こんなにも共演NGばかり集めてしまったのか。制作スタッフはぼんやりさんたちばかりなのか。彼らはこの4組の俳優たちをひっくるめて「共演NGアベンジャーズ」と呼ぶ。

 一般視聴者は芸能界の裏側情報が大好き。恋愛、不倫、ライバル……複雑な事情を想像して楽しんでいる。その興味を、やっぱりそうなんだ~と満たしてくれるエピソードが目白押し。

 なかでも第1話で盛り上がったのは、サントリーとキリンというライバル会社がスポンサーだったこと。本来共演NGではないかと思う2社をあえて並べて紹介していた。スポンサーまでライバル関係の不穏な空気に、本作の音楽を手掛ける堀込高樹(KIRINJI)が、やたらとさわやかな高音で「共演NG~」と歌い上げ、風を入れる。

 遠山と大園は共演解禁したものの、完全に雪解けしたわけではなく、いちいちぶつかり合っている。彼らのピリピリムードが、ほかの共演者たちの関係にも刺激を与えてしまう。さらに、遠山と大園の、なんだかんだ言いながら意外とお互い気にしている関係を、遠山の妻で元アイドルの雪菜(山口紗弥加)が感づいて、牽制してくる。

 第4話では、これまでのことを振り返って、「製作発表のころあい事件」「師弟対決事件」「不倫発覚」「元カノ対今よめ戦争」が起こったとドラマ部長(岩谷健司)とプロデューサー(迫田孝也)がまとめてくれて、1~3話まで見なくても、なんだかわかった気になってしまった。

 「共演NGアベンジャーズ」「製作発表のころあい事件」「師弟対決事件」「不倫発覚」「元カノ対今よめ戦争」と一言ですぐわかる親切ワードにできるエピソードばかり。これが、秋元康企画の真骨頂である。多くの人たちがぱっと見ですぐわかるパッケージングの完成度の高さ。

 2019年、考察ブームを巻き起こした『あなたの番です』『あなたの番ですー反撃編ー』(日本テレビ系)は、「マンションの住人たちによる交換殺人ゲーム」、その1点で半年押し切った。前半は「毎週、死にます。」というキャッチコピーの通り、誰か死んで、前半のクライマックスでは原田知世が演じたヒロインが死んでしまうという衝撃で、「反撃編」に突入、視聴率はぐんぐん上がっていった。

 どんな内容か、他者に説明しやすく、モチーフが今、世間で話題になっているもの、あるいは普遍性が高いものであること。秋元康企画は80年代から一貫している。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ディレクター分析」の最新記事

もっとみる