『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』4D上映に加え、通常上映も決定 全国373館の大規模公開に

 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作が、既報のMX4D、4DX上映に加え、通常版でも上映されることが決定した。

 1995年のTVシリーズ放送で社会現象を巻き起こした『新世紀エヴァンゲリオン』。2007年からは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズとして再始動し、『:序』『:破』『:Q』の3作が公開されて大ヒットを記録。そして、最新作で完結編となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は2021年1月23日に公開される。

 先日発表された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの4D版上映に加え、全国373館(4D版82館含む)での大規模上映となる。

 また再上映キャンペーンとして、各劇場の座席指定券の半券を貼り付けるスペースがあるオリジナルデザイン台紙『EVANGELION TICKET ARCHIVES』が12月1日より販売される。セブンイレブン店頭のマルチコピー機限定で、価格は1枚200円、サイズはL判(ブロマイド)、デザインは計6種類。12月31日までの限定発売となる。

■公開情報
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 4D版』
12月4日(金)~上映開始

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 4D版』
12月11日(金)~上映開始

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 4D版』
12月18日(金)~上映開始

期間限定上映 ※12月24日(木)終了(予定)
総監督:庵野秀明
(c)カラー
上映劇場一覧:https://theater.toho.co.jp/toho_theaterlist/evangelion-4d.html

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる