中川大志、畠山重忠役で『鎌倉殿の13人』出演 豪華共演者に「ご一緒したいと憧れ続けた方々ばかり」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、畠山重忠役を中川大志が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 畠山重忠は、源頼朝の臣として、治承・寿永の乱で活躍した武将。鎌倉幕府設立に多大な貢献を果たした。後に北条時政の謀略によって討たれる。

 中川は演じる畠山重忠について、「名前を聞いてもあまりピンと来ず、馴染みのない武将だったので、初めて知ることばかりで、楽しく勉強しています」とコメント。これまで大河ドラマは『江〜姫たちの戦国〜』『平清盛』『真田丸』と3作品に出演しているが、いずれも武士として戦う場面がなかったこともあり、「ようやく戦えるのか!とワクワクしています」と待望の武将役であることを明かした。三谷には『真田丸』の撮影後、「またいつかご一緒したいです」と伝えていたようで、中川にとっても念願の出演となったようだ。

コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

畠山重忠と名前を聞いてもあまりピンと来ず、馴染みのない武将だったので、初めて知ることばかりで、楽しく勉強しています。
知勇兼備で武士の鑑とも呼ばれた男ということで、大河ドラマであまり戦に参加したことのない僕は、ようやく戦えるのか!とワクワクしています……。
そのあたりの準備もしっかりとしていきたいです。

大河ドラマ出演について

大河ドラマという場所に、初めて立たせていただいたのは中学1年生のときでした。着物を着て、カツラをかぶり、スタジオに初めて入ったときの緊張、匂い、温度、今でも鮮明に思い出せます。
それからたくさんの、忘れられない特別な瞬間を大河ドラマという世界の中で過ごさせていただきました。俳優としての僕の血となり肉となり、なにより骨になっていると思います。

三谷幸喜作品への出演について

『真田丸』を終えた後に、現場ではほとんどお会いできなかった三谷さんと、少しだけお電話でお話する機会があり、その時に「またいつかご一緒したいです」と想いを伝えさせていただき、自分自身も、また戻ってきたい、その為にもっと大きくなろうと、決意しました。
三谷さんの作品で、大河ドラマにまた立てること、何よりうれしいです。身が引き締まります。

共演者について

いつかご一緒したいと憧れ続けた方々ばかりで、高揚しています。豪華な先輩方の芝居を特等席で受け取れることが何より楽しみで、今から緊張してしまいます。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる