松平健、『鎌倉殿の13人』平清盛役で三谷幸喜作品初参加 「人間臭さ溢れる人物になるのか楽しみ」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、平清盛役を松平健が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 平清盛は、保元の乱、平治の乱を経て、武士としては初めて太政大臣に任じられ、平氏政権を築いた人物。後に平氏の独裁は源氏を中心とした武士たちに討たれることとなる。

 松平は演じる平清盛について、「地下人から太政大臣まで上り詰めながら、貴族化していく姿は源氏への戒めの姿でもあると思います。源氏の遺児たちの命を奪わなかった情が、自らを窮地へ導く―〈清盛〉の激しい生き様、抑揚をつけてしっかりと演じたいですね。諸行無常、盛者必衰をもって、時代のバトンを鎌倉へと渡したいと思います」とコメント。

 また、初めての三谷作品への出演については、「悲劇を描きながらコメディー的要素も忘れない―登場人物のひとりひとりの息づかいまでもが細やかに描かれて、緩急の効いた筋運びが心地良かったですね」と過去作へ言及しつつ、「私が演じる〈清盛〉も、三谷流でどのような人間臭さ溢れる人物になるのか楽しみにしています」と三谷への信頼を寄せた。

コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

〈平清盛〉は、700年続く武家政権の祖です。地下人から太政大臣まで上り詰めながら、貴族化していく姿は源氏への戒めの姿でもあると思います。源氏の遺児たちの命を奪わなかった情が、自らを窮地へ導く―〈清盛〉の激しい生き様、抑揚をつけてしっかりと演じたいですね。諸行無常、盛者必衰をもって、時代のバトンを鎌倉へと渡したいと思います。

大河ドラマ出演について

大河ドラマはこれまで7作品に出演してきましたが、どの役もとても魅力的で演じ甲斐がありました。
時代という大きなうねりの中を、血潮を踊らせて役に没頭できるのが大河ドラマの醍醐味だと思っています。

三谷幸喜作品への出演について

今回の出演が初めてです。物語を組み立てられるその独特の視点に、いつも引き込まれていました。これまでの三谷さんの大河作品も、悲劇を描きながらコメディー的要素も忘れない―登場人物のひとりひとりの息づかいまでもが細やかに描かれて、緩急の効いた筋運びが心地良かったですね。私が演じる〈清盛〉も、三谷流でどのような人間臭さ溢れる人物になるのか楽しみにしています。

小栗旬との共演について

今回は、ほとんどの方が初共演となります。皆さんと呼吸を合わせて、同じ時代を駆け抜けて行きたいと思います。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる