水川あさみがスクリーンで輝く 『喜劇 愛妻物語』『ミッドナイトスワン』『滑走路』での存在感

水川あさみがスクリーンで輝く 『喜劇 愛妻物語』『ミッドナイトスワン』『滑走路』での存在感

 この秋、水川あさみがすごい。『喜劇 愛妻物語』での“毒舌奥さん”役に、続く『ミッドナイトスワン』での未熟な母親役ーーそんなキャラクターをスクリーンに焼き付けてきた彼女の主演最新作が、映画『滑走路』である。本作で水川は、またガラリとイメージを一新し、大きな驚きを与えてくれる。

『喜劇 愛妻物語』(c)2019『喜劇 愛妻物語』製作委員会

 『喜劇 愛妻物語』での水川は、コメディタッチの演技で大いに劇場を沸かせた。彼女が演じたのは、ダメ夫・豪太(濱田岳)にとっての恐妻・チカ。うだつの上がらない脚本家である豪太に不平不満の言葉を漏らしながら、娘(新津ちせ)を育て、自らの稼ぎで家計を支える“肝っ玉母さん”的存在だ。濱田が演じるダメ夫が、あまりにも度を超えたダメ夫だということも相まって、そんな夫を前にした恐妻っぷりには清々しさすら感じられたものである。ちなみに“不平不満の言葉を漏らしながら……”と記したが、彼女の言葉は“漏らしている”どころのものではない。言葉のマシンガンをブッ放しているようなものである。演じる水川は映画の冒頭からエンジン全開のフルスロットル状態。その話芸の巧みさに魅せられる。これは受け手である濱田あってこそのものだが、水川の独擅場ともいえるだろう。ダメ夫に対する観客のジリジリとした気持ちをこれでもかと言葉にしている。その気迫は、鑑賞前の期待をはるかに超えていたものだと思う。

『ミッドナイトスワン』(c)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

 一方、『ミッドナイトスワン』で演じていたのも“母親役”。こちらも強烈なキャラクターだ。しかしその性質は『喜劇 愛妻物語』での母親役とは趣を異にする。本作で水川が演じたのは、メインの登場人物である一果(服部樹咲)の母だ。若くして一果を産み、ひとり手で育てる困難に直面し、たったひとりの娘をネグレクトにさらしている。ここでの水川の演技も“発散”するタイプのもの。ヒステリック気味に声を荒げ、自身の不安定さを言葉や挙動に変換し、スクリーンいっぱいに発散させている。それも、そういった振る舞いを積極的に表面化させていくというよりも、内面に抱えているものが溢れ出すように演じているものと思えた。この発散と抑制のバランスが、絶妙であったのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる