大和国を代表する名将・筒井順慶が『麒麟がくる』に登場 信長は“仏を背負って”戦う!?

大和国を代表する名将・筒井順慶が『麒麟がくる』に登場 信長は“仏を背負って”戦う!?

 信長(染谷将太)と朝倉・浅井の戦いは依然として続いていた。NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の第32回『反撃の二百挺』で、光秀(長谷川博己)は筒井順慶(駿河太郎)に初対面し、鉄砲二百丁を譲り受ける。

 信長にとって越前での戦いは事実上の敗北に終わる。だが光秀は、義昭(滝藤賢一)に今回の戦の報告をする際に、頑として引き分けと言い張って譲らなかった。戦は敗北だと主張する摂津晴門(片岡鶴太郎)と言い争う内に、光秀はあることに気づく。摂津が、浅井長政(金井浩人)の裏切りを光秀らよりも早く耳にしていたということだ。

 幕府内に朝倉・浅井と通ずる者がいることを疑う光秀に、摂津は「朝倉を真の敵とは思っていない」と言い放つ。これには光秀も「摂津殿は我らの敵となるおつもりか」と怒りをあらわに。摂津が席を立ってから、光秀は義昭に「公方様がおいでなら浅井も裏切ることはできぬはず、朝倉勢も怯んで足を止めるはず」と、次の戦に参陣することを強く促し、義昭はなんとも複雑な表情を見せた。

 それからしばらくして、光秀は藤吉郎(佐々木蔵之介)の鉄砲の買いつけに付き添い、堺の豪商・今井宗久(陣内孝則)を訪ねることになる。先の戦で多数の鉄砲を失った織田軍のために急ぎ三百丁の鉄砲が必要だったが、宗久からは先約との商談が今朝がた成立したばかりだと断られてしまう。だが宗久の粋な計らいにより、光秀らは顕本寺の茶会に参加することになった。そこで宗久の商談相手と目星をつけていた大和の順慶と交渉の場を持つことができ、鉄砲二百丁を融通してもらえることになる。順慶は鉄砲を譲るにあたっては、自分も松永久秀(吉田鋼太郎)同様に信長の側に置いてほしいと口にするのだった。駒(門脇麦)の助け舟もあり、まとまったこの話。光秀はまたも信長のために手柄を立てた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる