竹内涼真はリアルな恋愛ものにもハマる? 『竹内涼真の撮休』で見せる可能性

竹内涼真はリアルな恋愛ものにもハマる? 『竹内涼真の撮休』で見せる可能性

 竹内涼真が“追い込まれる”ときの表情が好きだ。まだ記憶に新しい日曜劇場『テセウスの船』(TBS系)では殺人犯の息子として生きてきた主人公を演じ、30年前にタイムスリップし冤罪で逮捕される父親を救うため奔走。「ジ・エンドー!」と真犯人たちから攻撃されてえらい目にあっていたし、池井戸潤原作の『下町ロケット』『陸王』(TBS系)では演技達者なベテランキャストがひしめく中で、ストーリー上も現場でも、なんだかんだ追い込まれていた。その撮影現場でインタビューしたとき、先輩俳優から「ドラマの見どころとかいいから、こういうときは『俺を見て』って言っておけばいいんだよ」と煽られ、言われたとおりに「…俺を見てくださいっ!」と恥ずかしそうに言ってくれた姿も思い出される。朝ドラの『ひよっこ』(NHK総合)で心ならずも家の事情でヒロインとの結婚をあきらめなければならなくなり、目に涙を溜めて別れを告げる場面も、強いインパクトを残した。

 そういったシリアス劇も多いが、彼はコメディ要素の強い役どころにも挑戦してきた。6年前、小顔で長身のとんだ逸材ライダーが現われたと子育てママたちを驚かせた出世作『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)もコミカル要素はあったが、おそらく“コメディ筋”のようなものを鍛えられたのは『THE LAST COP/ラストコップ』(日本テレビ系)だろう。唐沢寿明と窪田正孝というシリアスとコメディを0.5秒で切り替えられるようなツワモノたちと共演し、桜井日奈子演じる婦人警官にメロメロで、彼女に振り回されるおバカな新人刑事を演じていた。コントのような喜劇演技を要求され、それをクリアするのは大変んだっただろう。さらに、あろうことか最終回は生放送になってしまったが、それもNGなしでこなした。そして、翌年のラブコメ的作品『過保護のカホコ』(日本テレビ系)では、もう安定した演技になって、笑わせる場面でも存分に楽しませてくれた。

 そんな竹内涼真が人気俳優の竹内涼真を演じるオムニバスのWOWOWオリジナルドラマ『竹内涼真の撮休』。物語はフィクションだが、本人役とあって、ここではコメディにもシリアスにも寄らないリアルな姿を見せている。毎日のように現場に通い、撮影の合間に仮眠室で休んでいる多忙な彼が、ロケ地が借りられなくなったなどの事情で翌日が休みに。突然のオフに何をするのか?という発想から生まれたエピソードが全8話で描かれていく。

 第1話のタイトルは「薫るスパイスカレー」。自宅の近くに以前から気になっている店があるけれど、ふだんは忙しくて寄る時間がないし、一軒家だったりビルの上の階だったりして外からは中が見えにくく、なかなか入る勇気が出ない。そんな経験はないだろうか。人気俳優の竹内涼真にもそんな店の存在があった。ある暑い日、突然、撮休になった竹内はスーパーで買い物をした帰り、いつも入りそこねていた一軒家の「スパイス・カフェ」に入っていく。この出だしがなんともリアルで、日常の続きといった感じ。見る人はこのゆったりとした世界に引き込まれていく。

 緑に覆われた木造の家のどこか懐かしいような空間で出迎えてくれたのは、小池栄子演じる薫だ。薄いメイクにノースリーブの服、エキゾチックな柄の服は、いかにもエスニック店のオーナーといった感じ。カレー作りに使うスパイスを求める竹内に、薫はクミンやガラムマサラなど、いくつかのスパイスを勧め、そのうち、2人は一緒にカレーを作ることに。薫は突然やって来た客をちょっと強引に引き止めるわけだが、小池はそんな場面も嫌味なく自然に演じている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる