ごく普通の主婦がドラァグクイーンとゲイバーを再建 『ステージ・マザー』2021年2月公開決定

ごく普通の主婦がドラァグクイーンとゲイバーを再建 『ステージ・マザー』2021年2月公開決定

 ジャッキー・ウィーヴァー主演映画『Stage Mother(原題)』が『ステージ・マザー』の邦題で、2021年2月より公開されることが決定した。

 本作は、『キッズ・オールライト』やNetflix映画『シカゴ7裁判』を製作したJ・トッド・ハリスがプロデュースを担当。『世界にひとつのプレイブック』などで知られるジャッキー・ウィーヴァ―が主演を務め、『キル・ビル』やドラマ『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』のルーシー・リュー、ドラマ『アントラージュ★オレたちのハリウッド』のエイドリアン・グレニアーが脇を固め、トランス女性のドラァグクイーン・チェリー役を、同じくトランス女性の俳優で『タンジェリン』の好演で知られるマイア・テイラーが務める。

 ある日、テキサスに住むごく普通の主婦メイベリンは、ゲイバーのオーナーでドラァグクイーンの息子の死をきっかけに、彼が経営するバーを相続することに。息子が生きているときにはわかり合えなかった後悔をバネに、彼が自分らしく生きた街で、メイベリンもまた自分らしさとは何か、生きるとは何かを見つめ直す。あらゆる偏見の壁を乗り越えてチャレンジすることで見えてくる、新たなる希望と友情を描く。

■公開情報
『ステージ・マザー』
2021年2月TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
出演:ジャッキー・ウィーヴァ―、ルーシー・リュー、エイドリアン・グレニアー、マイア・テイラー
監督:トム・フィッツジェラルド
原題:STAGE MOTHER 2020/カナダ/93分/PG12
配給:リージェンツ
(c)2019 Stage Mother, LLC All Rights Reserved.
公式サイト:stage-mother.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる