『ビューティフルドリーマー』本編冒頭映像 本広克行監督の 「エチュード=アドリブ」演出の一端が

『ビューティフルドリーマー』本編冒頭映像 本広克行監督の  「エチュード=アドリブ」演出の一端が

 11月6日に公開される映画『ビューティフルドリーマー』の本編冒頭映像が公開された。

 本作は、本広克行が監督を務める「映画研究会」を舞台にした青春ドラマ。映画を撮ったことのない先勝美術大学映画研究会の部員たちが、“いわくつきの台本”の映画化に挑んでいく。本作は新たな試みとして、完全な脚本を用いず、おおよその筋だけを立て、現場で俳優や監督が口頭の打ち合わせで芝居をまとめる“口立て”を用いた手法で演出がされている。また、押井監督が手がけた『夢見る人』を原案としている。

 監督としてメンバーをリードする主人公・サラ役で主演を務めるのは、NHK連続テレビ小説『まんぷく』などの女優業のほか、監督としても活躍する小川紗良。カメラ担当でサラを支えるカミオ役で『HiGH&LOW THE WORST』『私がモテてどうすんだ』の神尾楓珠、助監督兼雑用係として奮闘する映研のムードメイカー、モリタ役で劇団ナイロン100℃所属で『カツベン!』などの森田甘路、プロデューサーのリコ役で『あさひなぐ』『ドロステのはてに僕ら』の藤谷理子、メイク担当のシエリ役で札幌の劇団イレブンナイン出身のヒロシエリ、録音担当のウチダ役で本作が映画デビュー作となる劇団スポーツの主宰の内田倭史が出演。そのほか、斎藤工、秋元才加、瀧川英次、升毅、伊織もえ、かざり、飯島寛騎、福田愛依らがキャストに名を連ねた。

映画『ビューティフルドリーマー』本編冒頭映像

 公開されたのは、6分40秒におよぶ本編冒頭シーン。本作のセリフの半分以上は俳優たちの即興芝居、「エチュード=アドリブ」で構成されているという、俳優の力量が試される演出方法を行っており、公開された映像ではその演出の一端が垣間見える。

 また、本広克行監督、映画監督も務める主演の小川紗良からコメントが寄せられた。

コメント

本広克行監督

映画研究会のメンバーと斎藤工の即興芝居は特に見ものです。
冒頭からこんなに本編映像解禁したのは、僕自身初めてです。
是非劇場に行く前にご覧ください!

小川紗良

部室で古いフィルムを見つけてみんなで映写機にかけてみるという経験を、私も映画サークル時代にしたことがあります。ひとつひとつ確かめながら映写機に触れる緊張感や、スイッチを入れた途端に聴こえるカタカタという音の高揚感など、全てが追体験のようによみがえりました。
そんな冒頭シーンから、私たちの即興芝居で作り上げています。どこまでが芝居でどこからが素なのか、絶妙に混ざり合った私たちの掛け合いが楽しめると思います。冒頭6分40秒で、いわくつきの台本を手に入れた私たち。この先この台本がどんな事件を巻き起こしていくのか、ぜひ劇場で見届けてください。

■公開情報
『ビューティフルドリーマー』
11月6日(金)テアトル新宿、シネマート新宿ほか全国公開
監督:本広克行
出演:小川紗良、藤谷理子、神尾楓珠、内田倭史、ヒロシエリ、森田甘路、斎藤工、秋元才加、瀧川英次、升毅ほか
原案:押井守『夢みる人』
脚本:守口悠介
配給:エイベックス・ピクチャーズ
(c)2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会
公式サイト:https://beautifuldreamer-movie.jp/
公式Twitter:cinemalab_jp
公式Instagram:cinemalab_jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる