551蓬莱のCMパロディも炸裂! 面白さに事欠かない『極主夫道』のドラマ作り

551蓬莱のCMパロディも炸裂! 面白さに事欠かない『極主夫道』のドラマ作り

 玉木宏が元極道のスーパー専業主夫を演じる『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系)。第3話では、龍(玉木宏)と弟分の雅(志尊淳)がハロウィンのお楽しみ会に向けて奮闘していくなかに散りばめられた、コミカルな小ネタが話題となった。

 テレビで「令和のグッドファザー」として紹介されていた千金楽(鈴木浩介)。向日葵(白鳥玉季)の学校でPTA会長を務め、医師としての仕事だけではなく、家庭を大切にする千金楽は、主夫道を極めたい龍にとって、目標となる人物になった。

 千金楽がハロウィンのお楽しみ会を開催することを知った龍は協力することに。しかし、龍はハロウィンのことを全く知らない。そこで雅と純喫茶でアルバイトをする女子大生・ゆかり(玉城ティナ)とともに、ハロウィンについて調査を始める。しかし、龍なりに何とか準備をしていくのだが、お楽しみ会で始めた「桃太郎」の劇にも相変わらず随所に“極道感”が。言葉が全て極道口調になっていて、ストーリーが全然入ってこない。

 そして、指名手配されている強盗犯が学校に侵入。千金楽が犯人びびりながらも拳を出すと、タイミングよく龍が犯人の足にボールを当てて、その反動で手が犯人にクリーンヒット。無事犯人逮捕に繋がり、千金楽の手柄となった。

 第3話では、ゲストとして鈴木浩介が登場。龍が兄貴と慕っていた千金楽は、実はSNSでいいね集めをする、下心が隠し切れない家庭的な医師。千金楽が表には出さない心の声と、妄想して笑みを浮かべる表情は、これまでミステリアスな役をはじめ幅広くこなしてきた鈴木のコメディアン性が発揮された役だったろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる