石井杏奈が失われた記憶を追い求める主人公に 『記憶の技法』予告編公開

石井杏奈が失われた記憶を追い求める主人公に 『記憶の技法』予告編公開

 11月27日に公開される映画『記憶の技法』の場面写真と予告編が公開された。

 本作は、2016年に急逝した吉野朔実の同名作品を映画化したサスペンスドラマ。ある日突然、姉がいること、自身が養子に出されていたことを知った女子高校生・鹿角華蓮が、青い瞳を持つ同級生・穂刈怜とともに自分自身の真実に迫っていく。

 主人公・華蓮を石井杏奈、同級生・穂刈を栗原吾郎が演じるほか、柄本時生、二階堂智、小市慢太郎、戸田菜穂らがキャストに名を連ねた。監督は、黒沢清監督作『クリーピー 偽りの隣人』や青山真治監督作『空に住む』に共同脚本として参加している池田千尋。脚本は、池田監督と『スタートアップ・ガールズ』に続く2度目のタッグとなる高橋泉が担当する。

石井杏奈主演『記憶の技法』予告編

 公開された予告編は、主人公・華蓮の「覚えていない記憶が私に降ってくる」という台詞から始まる。華蓮が、韓国への修学旅行のためにパスポートを申請した際、戸籍抄本に不可思議な記載をみつけ自らの過去に疑問を抱く様子、青い目を持つ同級生・穂刈と出生地の福岡へと旅立ち現地調査する2人の姿が映し出されていく。意味深なフラッシュカットが挿入されながら、「どんなに嫌な記憶でも……取り戻したい」と、未来への一歩を踏み出すため、真実を追い求める華蓮の姿が描写されている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『記憶の技法』
11月27日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
出演:石井杏奈、栗原吾郎、柄本時生、二階堂智、小市慢太郎、戸田菜穂
原作:吉野朔実『記憶の技法』(小学館)
監督:池田千尋
脚本:高橋泉
配給:KAZUMO
配給協力・宣伝:マジックアワー
製作:「記憶の技法」製作委員会
日本/DCP/ 5.1ch/アメリカンビスタ/カラー/105分
(c)吉野朔実·小学館 / 2020「記憶の技法」製作委員会
公式サイト:www.kiokunogihou.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる