中村アン、堀田真由らが物語をけん引 『危険なビーナス』妻夫木聡と7人の女優たち

中村アン、堀田真由らが物語をけん引 『危険なビーナス』妻夫木聡と7人の女優たち

 毎週ラストで誰かが階段から落ちる、危険すぎるラブサスペンス『危険なビーナス』(TBS系)。牧雄(池内万作)に続いて楓(吉高由里子)も階段から突き落とされてしまい、30億の行方は混沌としてきた。

 幸い楓は軽傷。伯朗(妻夫木聡)は楓とともに、楓を襲った犯人を探す。消去法で謎解きをする伯朗と楓に既視感を感じつつ、第3話にサブタイトルを付けるなら、さしずめ「手島伯朗と7人の女たち」と言ったところだろうか。明人(染谷将太)は失踪、現当主の康治(栗原英雄)は寝たきりになり、牧雄は意識不明と、男性陣が次々と災難に見舞われる『危険なビーナス』で、物語を引っ張っているのは魅力的な女性キャストたちだ。

 階段で押されたとき、鼻腔をくすぐった匂い。楓は記憶を頼りに目ぼしい人々を訪ねる。最初に向かったのは波恵(戸田恵子)と祥子(安蘭けい)。ハグしてクンクン匂いを嗅ぐ楓はまるで警察犬のようだ。楓の仕草はどこか動物っぽく、初対面の伯朗が楓に信用されたのは伯朗が獣医だからかもしれない。伯朗にからむ楓の様子もじゃれつくという言葉がしっくりくる。波恵と祥子はシロ。かえって、2人から明人との関係を疑われてしまう。短い時間で、じっとりとした名家の圧を感じさせるベテラン女優の存在感だった。

 次に近づいたのは屋敷にいる看護師の杏梨(福田麻貴)。杏梨の名前を聞いて首を傾げた伯朗は「あー、微妙に色気のある人」と視聴者の感想を代弁する。伯朗がピンと来ないのもある意味当然で、杏梨を演じる福田は、お笑いトリオ「3時のヒロイン」のツッコミ担当。女優としても活動しており、『いいね!光源氏くん』(NHK総合)に続く2作目のドラマ出演となる。杏梨からは楓が嗅いだものと同じシャンプーの匂いが。しかし、杏梨にはアリバイがあった。

 「いつやるの」(楓)、「今でしょ」(伯朗)、「古い」(楓)と、弟の嫁に終始カマをかけられっぱなしの伯朗をなかば動物扱いしているのが、元美(中村アン)だ。元美は、楓に「お義兄様の扱いにはくれぐれもご注意ください」と意味深なメッセージを送る。伯朗が百合華(堀田真由)と会うと知って「刺されたりしないでくださいね。掃除が大変なので」と真顔で口にする元美は、鋭すぎる女の勘と乾いたユーモアの持ち主だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる