ディズニーから新たなヒロインが誕生 『ラーヤと龍の王国』2021年3月12日劇場公開へ

 ディズニー・アニメーション最新作『Raya and the Last Dragon(原題)』が、『ラーヤと龍の王国』の邦題で2021年3月12日に公開されることが決定し、特報映像とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、“龍の王国”を舞台に繰り広げられる少女ラーヤの戦いと成長を描くファンタジー・アドベンチャー。ラーヤは、聖なる龍の力が宿るという“龍の石”の守護者一族の娘。遠い昔に姿を消した “最後の龍”の力を蘇らせ、再び世界に平和を取り戻すため、一人旅立つ。

 アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した『ベイマックス』のドン・ホールと『ブラインドスポッティング』のカルロス・ロペス・エストラーダの2人の監督がタッグを組み、製作を『モアナと伝説の海』のオスナット・シューラー、『アナと雪の女王』シリーズのピーター・デル・ヴェッコが担当する。

「ラーヤと龍の王国」特報

 公開された特報映像では、軽快な音楽にのせて罠を掻い潜る少女時代のラーヤが登場。軽やかな身のこなしを披露し、本作のアクションを大いに期待させるシーンの一部が公開された。また、映像終盤には日本版ポスタービジュアルにもなっている成長したラーヤも登場。剣を握りしめロングブーツにパンツとローブを身にまとう凛々しい姿が描かれており、その手には、“龍の石”と思われる輝く石も見える。

また、彼女に寄り添うのは、ともに旅をする相棒のトゥクトゥク。アルマジロを彷彿とさせる、背中を覆う大きな甲羅の下にはモフモフした愛くるしい顔がのぞいている。

■公開情報
『ラーヤと龍の王国』
2021年3月12日(金)全国公開
監督:ドン・ホール、カルロス・ロペス・エストラーダ
製作:オスナット・シューラー、ピーター・デル・ヴェッコ
原題:Raya and the Last Dragon
全米公開:2021年3月12日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 
(c)2020 Disney. All Rights Reserved.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる