「のむコレ2020」注目は“全力後ろ向き映画” 『ルクス・エテルナ 永遠の光』『レディ・マクベス』

「のむコレ2020」注目は“全力後ろ向き映画” 『ルクス・エテルナ 永遠の光』『レディ・マクベス』

 まったく季節感がない2020年だが、今年も“のむコレ”の季節がやったきた。“のむコレ”とは、映画館・シネマート新宿/心斎橋で、同劇場の編成担当の野村武寛氏が選んだ世界各国の話題作・注目作を上映するイベントだ。今年はそのラインナップの中から、何かと世知辛い現代に相応しい、2本の荒み切った映画をご紹介したい。

『ルクス・エテルナ 永遠の光』

 1本目にご紹介するのは『ルクス・エテルナ 永遠の光』(2019年)。新作が公開されるたびに映画祭で酷評と絶賛で巻き起こるのが風物詩となったギャスパー・ノエの中編だ。

 いわば『カメラを止めるな!』(2017年)的な映画撮影現場モノで、現場のドタバタを描いているのだが……。『カメ止め』が「何だかんだ苦労しても、映画を作るのってイイよね!」という現場賛歌だったのに対して、こちらはグダグダな現場で全スタッフの怒りが頂点に達し、完全な混沌に陥っていく様を描くブチギレ映画であり、劇中で何度も「何を撮ってやがんだ! カメラを止めろ!」と怒声が飛ぶ、本当の意味でのカメラを止めろ映画である。

ギャスパー・ノエ監督作、『ルクス・エテルナ』予告混沌編

 魔女狩りの映画(しかも十中八九面白くなさそうなのがお見事!)を撮っているスタッフ陣だが、そこに連帯感など皆無。「俺がいくら金を出したと思ってるんだ!」とブチギレるプロデューサー、「なんやこのクソ映画! 俺は巨匠の弟子なんだぞ!」とブチギレるベテラン撮影監督、対して「あの撮影監督は無能やんけ!」と怒り心頭の監督に、現場に入り込んで「俺の企画を聞いてください!」と無関係な売り込みをする若い業界ゴロ……。ロクでもない連中のエゴとエゴのシーソーゲームを、ギャスパー・ノエらしい目に悪い映像と露悪趣味で捉えている。

 分割画面にメタ視点、不意に突っ込まれる物騒極まりない情報……疲労、特に眼精疲労は瞬時にMAXだが、それゆえに修羅場に放りこまれた臨場感を味わえることだろう(ポスターにも書いてあるが、画面が激しく明滅するシーンがあるため、苦手な人は要注意だ)。どれだけ立派な映画を作ろうと思っても、どうにもならんことは、どうにもならんのだ。合間合間に挟まれる映画人たちの名言も虚しさを煽る。観終わったあとは何でもほどほどにしておこうと思うこと請け合いだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる