IMALUが語る『ウォーキング・デッド』 スピンオフ『ワールド・ビヨンド』は予想の裏切りに期待?

IMALUが語る『ウォーキング・デッド』 スピンオフ『ワールド・ビヨンド』は予想の裏切りに期待?

 『ウォーキング・デッド』のスピンオフ作品『ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド』(以下、『ワールド・ビヨンド』)がAmazonオリジナルとして、Amazon Prime Video(以下、Prime Video)にて独占配信中だ。

 本作では、ゾンビによって世界が崩壊した後に生まれた“第一世代”の若者が描かれる。世界の終末の危機から逃避したコミュニティで生きる若者たちが、ある目的のために困難な旅へ向かい、かつて“ウォーカー”とよばれたゾンビに立ち向かう。

 『ウォーキング・デッド』シリーズのスピンオフ作品『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』の成功を受け、スコット・M・ギンプルとマシュー・ネグリートが共同製作総指揮および共同ショーランナーを務め製作された本作には、アリーヤー・ロイヤル、アレクサ・マンスール、アネット・マヘンドル、ニコラス・カントゥ、ハル・カンプストン、ニコ・トルトレッラ、ジュリア・オーモンドらがキャストに名を連ねる。

 今回は、大の海外ドラマ好きで『ウォーキング・デッド』シリーズを愛するタレントのIMALUに『ワールド・ビヨンド』の魅力をたっぷりと語ってもらった。(編集部)

『ウォーキング・デッド』に出てくるのは弱いゾンビ?

――もともと海外ドラマがお好きなんですよね。

IMALU:海外ドラマは昔から大好きで、特に『ウォーキング・デッド』のようなパニック系のジャンルの作品を結構観ています。小さい頃から映画が好きで、それから海外ドラマもチェックするようになりました。

――今は、Prime Videoの配信サービスで観ることができますが、『ウォーキング・デッド』を初めて観た当初はきっとBlu-rayやDVDでしたよね。

IMALU:たしか2011〜2012年くらいにシーズン2か3くらいの時に観始めたんですが、もしかしたらDVDだったかもしれないです。周りからも「『ウォーキング・デッド』が面白いよ」とは聞いていて。海外ドラマあるあるだと思うんですけど、面白い作品にハマっちゃうと睡眠時間が削られちゃう。だから最初はちょっと観始めるのが怖かったんですよ。でも「これだけ良いって聞くし……」と思って観始めたら……終わりました(笑)。ハマってしまって!

――ですよね!(笑)普段、海外ドラマは配信で観ることが多いですか?

IMALU:そうですね。タブレットにダウンロードして移動中に観たり、今は好きな時に観れるのでいい時代になったな〜と。それと世界同時に配信されるというのが、嬉しいですよね。昔のレンタルビデオ屋さんに毎週必死に通って、やっとレンタルできても、次に行ったら観たいと思っていた回が借りられていた! っていうのを乗り越えてきた身としては、世界の人たちと同じタイミングで、最新のエピソードを観ることができることが最高です。だからPrime Videoなどの配信サービスで海外ドラマが観られるのは本当にありがたいです。

――色々な海外ドラマにハマっている中で『ウォーキング・デッド』のどこに惹かれたんでしょう?

IMALU:もともとパニック系のジャンルが好きだったんですが、『ウォーキング・デッド』は“ゾンビがいる世界で人間がどう変わっていくのか”というところがポイントだと思っていて。それとシーズン10、そしてスピンオフ作品まであるので、次第にキャラクターにも親近感が湧いてくるんですよね。愛されキャラもれば、良い意味で嫌われているキャラもいるし、味のあるキャラクターがたくさん出てくる。観進めるうちに彼らに親近感が湧いてきて、私自身も勝手に主人公たちのチームの一員のような感覚になるんです。だからこそ好きなキャラクターが死んじゃうと悲しいし、チーム間の距離感がどんどん縮まっていったり、登場人物たちの関係性が動いていくもの観ていて面白いですね。視聴者としては展開を予想したりもするんですけど、「こうきたか!」というような良い意味での裏切りもあって、それも魅力だと思います。

――個人的には、ゾンビもので、よくここまで大きな連続ドラマシリーズを作れるんだとも思いました。

IMALU:そうなんですよ。だけど観ていて思うのは、他のゾンビ映画と比べると、『ウォーキング・デッド』に出てくるのは弱いゾンビじゃないですか(笑)? 歳を重ねていくと弱っていくし、頭狙っちゃえば死んじゃう、足も早くない。だけど弱いゾンビが集まると大変っていう(笑)。ゾンビが単体だとそんなに強くないところも、面白いと思うところですね。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる