ジャニーズJr.再びの黄金期を象徴? 高橋優斗、井上瑞稀らHiHi Jetsメンバーが演技で大活躍

 連日、ジャニーズJr.たちがテレビ番組で活躍をしている。2018年あたりから「ジャニーズJr.黄金期の再来」と言われていたが、その勢いはいまだに衰えを見せず、バラエティ番組や歌番組、そしてドラマでも多くの彼らの姿を目にする。そんな中、演技のポテンシャルをメンバー全員が持っているグループがいる。HiHi Jetsだ。そこで今回は、今後活躍が期待されるHiHi Jetsメンバーの演技力について振り返ってみたい。

高橋優斗

 昨今、積極的なドラマ出演をしているのは、センターを務める高橋優斗。かつて『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(フジテレビ)では演技を自分の武器にしたいと語っていたこともあり、演技にかける情熱はメンバー随一ではないだろうか。実際、連続ドラマWの『ポイズンドーター・ホーリーマザー』や『彼らを見ればわかること』、『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)など話題作にも出演し、着実にキャリアを磨いている。

 高橋はこれまで学生役や息子役を多く演じてきており、例えば『彼らを見ればわかること』でも育ちの良いお坊ちゃん役を好演。一方、『SUITS/スーツ2』では親への反発心を思い切り吐露してみたり、『ポイズンドーター・ホーリーマザー』で闇を抱える暗い殺人犯を演じてみたり、役どころの幅は広がりを見せている。今クールには、『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系)のメインキャストに抜擢。キラキラした新人看護師役をどう演じていくのか、注目したい。

井上瑞稀

 幼い頃から舞台に出演し、活躍していた井上瑞稀も演技での活躍が目立ってきている。『チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』(読売テレビ・日本テレビ系)、『知らなくていいコト』(日本テレビ系)、映画『弱虫ペダル』など、2019年から精力的にドラマ・映画出演を果たしているが、いずれも高評価を得ていたことは記憶に新しい。演じる役は“陽キャ”や“リア充”な学生役が多い印象で、『知らなくていいコト』でも爽やかな医学部生を好演していた。そこで見えたのは、滑舌の良さ。歌がうまく、舞台で鍛え上げられてきた故に、ハキハキと正しくセリフが伝わってきて聞き取りやすいのも彼の魅力の一つだろう。それ以外にも『チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』での悪ぶった若者役や、放送中の『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(MBS/TBS)での思春期の男子高校生役なども好評で、井上のスキルの広さを感じる。さらに、大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合)にも出演が決定し、ますます注目が集まっていくだろう。プロ意識を高く持ち、長年スキルを磨いてきた井上だからこそ、さらに多くの役も演じ分けられそうだ。

橋本涼

 『斎藤さん2』(日本テレビ系)でドラマデビューして以降は、『特命おばさん検事! 花村絢乃の事件ファイル』(テレビ東京・BSテレ東)へのゲスト出演、24時間テレビドラマスペシャル『盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~』(日本テレビ系)と、それほど多くの作品には出演してこなかった橋本涼。演技のイメージはあまりないかもしれないが、舞台で鍛えられている彼もまた、演技のポテンシャル持っているメンバーではないだろうか。例えば『盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~』では、長いセリフでも声がよく通っており、棒読み感もない演技を見せてくれた。さらには、10月10日放送の『裸の少年』(テレビ朝日系)。HiHi Jetsメンバー3人が1つだけ紛れた100円ショップ商品をほか2つの高級品と同じように紹介し、ウソが見破られないようにプレゼンするチャレンジをしたのだが、そこで橋本は自分に疑いがかかるように演技を披露。見事ゲストの大久保佳代子を騙し、したり顔で「お姉さん、まだまだですよ」と言ってみせた。こうしたふとした瞬間にも細やかな演技を見せられる橋本は、この先ドラマや映画での活躍が期待できそうである。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる