岡田将生、“ダブスタ”の役を演じたら右に出る者なし! 『タリオ』浜辺美波との絶妙なバディ感

『タリオ』浜辺×岡田の絶妙なバディ感

 本作での詐欺師の黒岩はちょうどその中間に位置するような役どころ。依頼人を気持ちよく欺き、非情性は低いものの涼しい顔してお金になりそうな案件にとにかく手を出す。しかし、正義感の強い白沢と組むことで図らずしも復讐代行という形で結果的に人を助けている。「目には目を、歯には歯を」に倣って第2話では「ペテンにはペテンを」で、危機一髪の瞬間に黒岩が咄嗟に利かせた機転によって、女教祖を追い込むことができた。

 この人助けも報酬のためだけにやっているかに見せて、実際にはおそらくそれだけではない。その証拠に妻のために女教祖に対して声を荒げる依頼人に対して非常に真理を突いた人情を感じさせる言葉を掛けていた。


 何より堅物で融通の利かないところも多々ある白沢となんだかんだバディを組んでいる時点でやっぱり黒岩も良い奴なのだ。そんな不思議で絶妙な立ち位置、なんだかダブルスタンダードで憎めない黒岩という男は岡田だから違和感なく演じられるのだろう。真っ直ぐ芯の強い印象の強い浜辺演じる白沢と、どこか斜に構えている役どころも得意とする岡田扮する黒岩。しかし、ドジで一般常識に欠け時としてビックリするようなことをしでかす白沢と、意外と常識的である黒岩。良いバランス感で“持ちつ持たれつ”の2人の関係性を、言い合いを挟みながらも「喧嘩するほど仲が良い」という空気感ごと見せてくれている。

 元々所属していた弁護士事務所保有のマンションを追い出され、黒岩の事務所に勝手に引っ越してきた白沢との共同生活も次話以降始まるようで、ますます正反対な彼ら2人が互いにどう影響を及ぼし合うのか楽しみだ。

■楳田 佳香
元出版社勤務。現在都内OL時々ライター業。三度の飯より映画・ドラマが好きで劇場鑑賞映画本数は年間約100本。Twitter

■放送情報
ドラマ10『タリオ 復讐代行の2人』(全7回)
NHK総合、BS4Kにて、毎週金曜22:00〜放送
出演:浜辺美波、岡田将生ほか
制作統括:川田尚広、高橋練、岡本幸江
演出:木村ひさし、山本透
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.jp/p/ts/78YR8PJXJ5/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる