岡田将生、“ダブスタ”の役を演じたら右に出る者なし! 『タリオ』浜辺美波との絶妙なバディ感

岡田将生、“ダブスタ”の役を演じたら右に出る者なし! 『タリオ』浜辺美波との絶妙なバディ感

 浜辺美波×岡田将生の初共演にしてW主演の新ドラマ『タリオ 復讐代行の2人』(NHK総合)第2話では、埼玉県のとある村に2人が潜入し、一気にバディらしく距離が近くなる様子が描かれていた。

 元弁護士の白沢真実(浜辺美波)と復讐代行コンサルを名乗る詐欺師・黒岩賢介(岡田将生)が今回依頼された復讐は、女教祖に妻を呪い殺された和紙職人(竹原ピストル)によるものだった。女教祖に2人して命を狙われ、怖がった白沢が黒岩の隣で布団を並べて眠るも、全く男女間を感じさせないカラッとしたバディ感が流石である。


 岡田将生と言えば、端正なルックス、抜群のスタイルの良さに加えて、周囲から愛される天然キャラでお馴染みだが、演じられる役どころはとんでもなく幅広い。本人そのままの好青年役はもちろんのこと、その対極の非情で冷酷な人物描写もまた素晴らしい。

 映画『悪人』で演じた旅館の御曹司の男子大学生・増尾圭吾役は、ある意味主役よりも強烈な後味を残す。一見したところ人気者でお調子者に見えて、実際には周囲、特に異性を値踏みして“持たざる者”を心の中で嘲笑う選民意識の塊という二面性を本当に見事に演じ、タイトル『悪人』により一層の深みを与えるキーパーソンとなっていた。それに近しい役どころが、現在公開中の映画『星の子』での南先生役だろう。女子生徒からの人気も高い中学教師を演じるが、自分の常識内にあるもののみが正しいと考え、それしか信じず、その外側にいる人やその想いに全く思い至らない。それどころか、露骨に嫌悪する。自分にとって都合がいい解釈しかできず、彼らが持つ事情や余白を一切鑑みずに悪気なく断罪できてしまう、非常に無自覚でたいそう生きやすそうな役どころを見事体現していた。

『星の子』(c)2020「星の子」製作委員会

 善意の顔をした“人の悪意”を演じさせたら本当に彼は一級品だと思う。わかりやすい“The悪役”というよりは、好青年の裏に見え隠れする他人を卑下する気持ちや、臭いものには蓋をしてしまい表面的にだけ円滑に物事が進むことを望むような狡猾さを本当に見事に魅せてくれる。顔を歪めて汚いものを見るような目で他人を見下しその存在を否定する、あの引きつった表情をあれだけ忠実に再現できる人はそうそういないと思う。

 かと思いきや、その圧倒的ビジュアルを生かして漫画の実写版への起用でコミカルな役どころを演じることも多い。『銀魂』での桂小太郎役や『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』での虹村形兆役は、二次元キャラクターをそのまま三次元に再現し、ファンタジーな世界観にも違和感なく溶け込めていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる