ロン・ハワード監督×エイミー・アダムス Netflix映画『ヒルビリー・エレジー』11月24日配信

ロン・ハワード監督×エイミー・アダムス Netflix映画『ヒルビリー・エレジー』11月24日配信

 映画『ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-』がNetflixにて11月24日より独占配信されることが決定し、あわせて予告編が公開された。

 本作は、アカデミー賞受賞歴を誇るロン・ハワードが監督、計6度のアカデミー賞ノミネート歴を誇るエイミー・アダムスと、計7度のアカデミー賞ノミネート歴を誇るグレン・クローズ出演によるヒューマンドラマ。J・D・ヴァンスによるニューヨーク・タイムズ紙ベストセラー第1位の回顧録『ヒルビリー・エレジー』を映像化した。

 アダムスとクローズのほか、『キングス・オブ・サマー』『砂上の法廷』のガブリエル・バッソ、『マグニフィセント・セブン』『悪魔はいつもそこに』のヘイリー・ベネット、『スラムドッグ$ミリオネア』で英国アカデミー賞助演女優賞ノミネート歴を誇り、『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』などに出演するフリーダ・ピントらが脇を固める。

 名門イェール大学に通うJ・D・ヴァンス(ガブリエル・バッソ)は、理想の職に就こうとしていたときに、家族の問題によって、記憶から消そうとしていた苦い思い出のある故郷へ戻ることを強いられる。故郷で彼を待ち受けていたのは、薬物依存症に苦しむ母親ベヴ(エイミー・アダムス)。幼いヴァンスを育ててくれた、快活で利発な祖母マモーウ(グレン・クローズ)との思い出に支えられながら、彼は自分の夢を実現するために、自分自身のルーツを受け入れなくてはならないことに気づく。 

ロン・ハワード監督、エイミー・アダムス&グレン・クローズ主演『ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-』予告編 – Netflix

 公開された予告編では、ドラッグ依存症に苦しむ母親ベヴと息子ヴァンス、育ての親である祖母マモーウの親子3世代の姿が描かれ、再生しようともがく彼らの様子が映し出される。

■作品情報
Netflix映画『ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-』
Netflixにて、11月24日(火)より独占配信開始
監督:ロン・ハワード
出演:エイミー・アダムス、グレン・クローズ、ガブリエル・バッソ、ヘイリー・ベネット、フリーダ・ピント

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる