ケニアの小学校に通う94歳のおばあちゃんの姿を追う パスカル・プリッソン監督作『GOGO』公開へ

 『世界の果ての通学路』のパスカル・プリッソン最新作が、『GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生』の邦題で12月に公開されること決定が決定した。

 『世界の果ての通学路』で、危険な道のりを何時間もかけ通学する子どもたちをとらえたプリッソン監督。本作で追うのは、“ゴゴ”(カレンジン語で“おばあちゃん”)の愛称で親しまれる94歳の小学生。出演者と時間をかけて信頼関係を築きあげ、そのリアルな姿をカメラに収めていく。数学や英語の授業、修学旅行、誕生日会、新寄宿舎の竣工式……ケニアの美しい自然を背景に、数々の歌と仲間たちの笑顔に彩られたゴゴの学校生活がありのまま切り取られる。そこから浮かび上がってくるのは、貧困や慣習などの理由から未だアフリカに残る教育問題。ゴゴは映画というものを知らなかったが、プリッソン監督の熱心な説得を受け「世界中に教育の大切さを伝えられるなら」と撮影を許可した。

 プリシラ・ステナイは、3人の子ども、22人の孫、52人のひ孫に恵まれ、ケニアの小さな村で助産師として暮らしてきた。皆から“ゴゴ”と呼ばれる人気者だ。ある時、彼女は学齢期のひ孫娘たちが学校に通っていないことに気づく。自らが幼少期に勉強を許されなかったこともあり、教育の大切さを痛感していたゴゴは一念発起。周囲を説得し、6人のひ孫娘たちと共に小学校に入学した。年下のクラスメートたちと同じように寄宿舎で寝起きし、制服を着て授業を受ける。同年代の友人とお茶を飲んで一息ついたり、皆におとぎ話を聞かせてやることも。すっかり耳は遠くなり、目の具合も悪いため勉強するのは一苦労。それでも、助産師として自分が取り上げた教師やクラスメートたちに応援されながら勉強を続け、ついに念願の卒業試験に挑む。

 あわせて公開されたメインビジュアルは、ケニアの広大な大地とそこに息づく野生の動物とともに、笑顔のひ孫娘と一緒に勉強をしているゴゴの姿が確認できる。また授業の様子や活き活きとしたクラスメートたちの写真も配されている。

 そして、本作が12月10日から13日にかけて開催されるフランス映画祭2020 横浜で上映されることも決定した。

■公開情報
『GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生』
12月、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開 
監督:パスカル・プリッソン
配給:キノフィルムズ
提供:木下グループ
2019年/フランス/英語・スワヒリ語/カラー/スコープサイズ/DCP/ 5.1ch/84分/原題:Gogo/字幕翻訳:長澤達也 レーティング:G
(c)Ladybirds Cinema
公式サイト:https://www.gogo-movie.jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる