田中宏明×千眼美子『夜明けを信じて。』対談 プレッシャーの中で挑んだ作品の舞台裏

田中宏明×千眼美子『夜明けを信じて。』対談 プレッシャーの中で挑んだ作品の舞台裏

 映画『夜明けを信じて。』が10月16日に公開を迎える。主人公・一条悟が大手商社マンとして働きながらも、自分の思想を世の中に問うという使命を、生涯をかけて果たさんとするさまを描く本作は、マドリード国際映画祭(スペイン)の長編外国語映画部門で最優秀作品賞を受賞。その後、サンディエゴ国際映画祭(アメリカ)では公式選出作品に、レインダンス映画祭(イギリス)では特別上映作品としても選出され、現在、海外4カ国の映画祭で24冠を達成している。(10月13日時点)

 本作が映画初主演となる田中宏明が主人公・一条悟を演じ、映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密―The Real Exorcist―』(2020年5月)でも共演を果たした、千眼美子と長谷川奈央がダブルヒロインを務める。映画『世界から希望が消えたなら。』(2019年10月)に続いて、赤羽博がメガホンを取った。

 今回、リアルサウンド映画部では、田中と千眼にインタビュー。お互いの最初の印象から、本作の見どころのシーンや、過呼吸寸前になったという過酷な撮影秘話まで話を聞いた。

※本稿はPR記事です。

田中「千眼さんがいたからこそ」

ーー『夜明けを信じて。』がいよいよ公開となりますが、今の心境は?

田中宏明(以下、田中):映画初主演でこんな大役をいただいたので、オファー当初はすごくプレッシャーを感じていました。でも、いまこうして作品になって、皆さんにお届けできることにほっとしています。

千眼美子(以下、千眼):すごく良い作品になっているという自信があるので、こういうご時世ですが、多くの人に観ていただきたいです。『夜明けを信じて。』というタイトル通り、明るい気持ちにしてくれる映画です。

ーー田中さんと千眼さんは『心霊喫茶「エクストラ」の秘密―The Real Exorcist―』以来の共演です。

田中:前回は、自分が千眼さんに頼る役だったんですが、今回は、お互い惹かれ合っているけれど、それぞれ目指しているものがあるが故にすれ違ってしまうという、ちょっと切ない関係で。でも、現場は変わらずハッピーでしたし、千眼さんの信念があって凛とした雰囲気が、千眼さん演じる立花美穂というキャラクターとシンクロしているように見えていました。

ーー田中さんも演じやすかった?

田中:そうですね。千眼さんがいたからこそ、一条悟として存在することができました。自分のことでいっぱいいっぱいだったので、助けていただきました。

千眼:一条さんって交友関係も広いし、お仕事もできる方なんですが、どこか孤独な雰囲気もあって。立花美穂を演じる上で、そんな一条さんの心の奥まで見ようと思って演じていたので、そう言ってもらえるのはすごく嬉しいですね。

ーー千眼さんから見た田中さんはいかがでしたか?

千眼:田中さんとは同じ事務所なので、顔を合わせることは多いんですが、いつも何を考えているのか分からないんですよ(笑)。今もまだ分かっていないんですが(笑)。それは冗談として、そんな田中さんの持つ雰囲気がそのまま作品に活きたと思います。一条さんもミステリアスな方なので。私が田中さんに向ける視線と、立花さんが一条さんに向ける視線にはリンクするものがあったので、「普段から謎に包まれてくれてありがとうございます」という感じです(笑)。

ーー田中さんは今の千眼さんのお言葉を受けてどうですか?

田中:一条さんは、自分自身のためではなくて多くの人の役に立ちたいという思いから自分を鍛える、常に一歩先を見据えた方なので、確かに外から見ると何を考えているのか分からないところがあるかもしれないです。すごく大きなキャラクター……偉人とも言える立派な方なので、そんな役を演じるのは難しかったです。ただ、自分自身をより成長させていきたいという志は僕の中にもあったので、それをなんとか手がかりにして、演じるようにしました。あと、脚本を読ませていただいたら、一条さんは純粋に尊敬できる方だったので、こんな素敵な方を皆さんにもご紹介したいという思いがあり、演技として表現できるように頑張りました。

ーー大川咲也加さんの脚本の話が出ましたが、脚本を読んだときの感想は?

田中:立花美穂さんが、社内報に掲載された一条さんの「愛の発展段階説」を読んで、「すごい!」と言うセリフがあるのですが、僕も脚本を読んでいたときに思わず言ってしまいそうになりました(笑)。

千眼:あはは(笑)。立花美穂さんと同じ気持ちで!

田中:構成も語り部形式で、周りの方々が回想して一条さんの人生が浮かび上がってくるような作りになっていて。より一条さんのキャラクターが立体的に浮かび上がってくるようで、その展開にも感動しました。同時に「これを演じるのか」というプレッシャーもだんだん感じてきて、当初は複雑な心境でした。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる